Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

Windowsをセーフモードで起動するときにも利用する「Windows回復環境」は、Windows環境をトラブルシューティングするためのツールを備えた、Windowsに標準で組み込まれている機能です。

Windows回復環境は、デバイス内から起動する方法だけでなく、インストールメディアから、回復ドライブから、システム修復ディスクから起動することができ、起動方法によって利用できる機能に若干の違いがあります。

そこでここでは、標準的なWindows10環境を例に、Windows回復環境の起動方法ごとで利用可能な機能を解説します。

Windows10を初期化する5つの方法
ここでは、Windows10で利用できる初期化方法それぞれの特徴や実施手順について紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

デバイス内から起動する

デバイス内からWindows回復環境を起動する場合は、主に以下のいずれかの方法で起動します。

  • 「設定」アプリの「更新とセキュリティ」の「回復」から「PCの起動をカスタマイズする」>「今すぐ再起動」をクリック
  • 電源メニューを開いて「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリック
  • 管理者権限でコマンドプロンプト起動し「shutdown /r /o /t 0」を実行
  • Windowsの起動に複数回失敗すると自動的に始まる「自動修復」の後に表示される画面で「詳細オプション」をクリック

デバイス内から起動したWindows回復環境では、以下に挙げるトラブルシューティングツールが利用できます。

  • このPCを初期状態に戻す
  • スタートアップ修復
  • スタートアップ設定(セーフモードで起動するときなどに使用します。)
  • コマンドプロンプト
  • 更新プログラムのアンインストール
  • UEFIファームウェアの設定
  • システムの復元
  • イメージでシステムを回復
Memo

「スタートアップ設定」や「このPCを初期状態に戻す」は、デバイス内からWindows回復環境を起動したときにしか利用できないので注意が必要です。

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

なお、自動修復以外でデバイス内からWindows回復環境を起動した場合、「このPCを初期状態に戻す」や「コマンドプロンプト」を利用するには、管理者ユーザーのパスワードが必要になります。

インストールメディアから起動する

Windows10のインストールメディアからWindows回復環境を起動する場合は、インストールメディアでマシンを起動させて「コンピューターを修復する」を選択します。

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

インストールメディアから起動したWindows回復環境では、以下に挙げるトラブルシューティングツールが利用できます。

  • スタートアップ修復
  • コマンドプロンプト
  • 更新プログラムのアンインストール
  • UEFIファームウェアの設定
  • システムの復元
  • イメージでシステムを復元

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

回復ドライブから起動する

Windows10を初期化する方法の一つである「回復ドライブ」からマシンを起動すると、自動的にWindows回復環境が起動します。

回復ドライブのWindows回復環境では、以下に挙げるトラブルシューティングツールが利用できます。

  • ドライブから回復(回復ドライブからWindowsを再インストール)
  • スタートアップ修復
  • コマンドプロンプト
  • 更新プログラムのアンインストール
  • UEFIファームウェアの設定
  • システムの復元
  • イメージでシステムを回復

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

Windows10で「回復ドライブ」を作成する方法
ここでは、Windows10でトラブルシューティングを行ったりOSを初期化するときに利用できる「回復ドライブ」を作成する方法を紹介します。

システム修復ディスクから起動する

システム修復ディスクからマシンを起動すると、自動的にWindows回復環境を起動し、システム修復ディスクから起動したWindows回復環境では、以下に挙げるトラブルシューティングツールが利用できます。

  • スタートアップ修復
  • コマンドプロンプト
  • 更新プログラムのアンインストール
  • UEFIファームウェアの設定
  • システムの復元
  • イメージでシステムを回復

Windows回復環境は、起動方法によって利用可能な機能に違いがあります。

あとがき

なお、メーカー製PCやWindows10のバージョンによっては、ここで紹介した以外のメニューが表示される場合もあるのでご留意ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。