WindowsでCドライブの空き容量を増やす4つの方法

WindowsでCドライブの空き容量を増やす4つの方法

Windowsパソコンを長く利用していると、少しずつごみデータが溜まってきてCドライブ(システムドライブ)の空き容量が少なくなってきて、空き容量不足によりWindowsの動作に影響がでることもあります。

そこでここではWindows 10を例に、Cドライブ(システムドライブ)の空き容量を増やす方法を4つ紹介します。

ちなみに、Windowsを初期化する場合を想定すると、最低でもCドライブ(システムドライブ)には、常に20GBほどの空き容量は確保しておく必要があります。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit20H2

不要なファイルを削除する

まずは、自分がわかる範囲で使用していないファイルやフォルダーを削除し、不要なシステムファイルなどは、以下の記事を参考に「ストレージセンサー」や「ディスククリーンアップ」を使って削除します。

Windows 10で不要なシステム関連ファイルを安全に削除する方法
ここでは、Windows 10で「ストレージセンサー」または「ディスククリーンアップ」を使って、不要なファイルを安全に削除する方法を紹介します。

不要なアプリをアンインストールする

つぎに、使用しないアプリをアンインストールして空き容量を増やします。

Windows 10の標準搭載アプリをアンインストールしたり再インストールする方法
ここでは、Windows 10に標準搭載のアプリをアンインストールしたり再インストールする方法を紹介します。

不要なユーザーを削除する

複数のユーザーが利用しているPCでは、不要なユーザーのデータを削除することで空き容量を増やすことができます。

Windows 10で不要なユーザーとユーザーデータを削除する方法
ここでは、Windows 10で不要になったユーザーのアカウントやユーザープロファイルを削除して、ディスクの空き領域を増やす方法を紹介します。

ファイルやフォルダーを圧縮する

上に挙げた方法で不要なデータを削除しても空き容量が足りないときは、Windowsの標準機能でドライブやフォルダー、ファイルを圧縮する方法があります。

これは、Windowsの標準ファイルシステムである「NTFS」が備えているデータ圧縮機能で、ドライブ・フォルダー・ファイルそれぞれに圧縮属性を設定しデータを圧縮します。

NTFSの圧縮機能は、圧縮率は高くはありませんが、プロパティ画面からカンタンに設定することができ、圧縮されているファイルは、展開などの操作をすることなく、通常のファイルと同じように操作できるメリットがあります。

WindowsでNTFS圧縮機能を使って空き容量を増やす方法
ここでは、WindowsでNTFS圧縮機能を使ってドライブ/フォルダー/ファイルを圧縮して空き容量を増やす方法を紹介します。

あとがき

ここまで実施してなお空き容量が不足している場合は、さらに次のような対応も検討する必要があるでしょう。

  • Windowsの復元機能を利用しているなら「復元ポイントを削除する」
  • 写真や動画などのファイルをたくさん保存しているなら「写真や動画ファイルを別のドライブやクラウドへ移動する」