Window10:標準機能でPDFファイルの作成と閲覧

Windows、Mac、スマートフォン、タブレットなど、どのような環境でも制作者が意図したとおりの見た目で表示できるPDF(Portable Document Format)は、今や電子文書フォーマットのスタンダードと言えます。仕事で使用されている方も多いと思います。

このPDFは、Windows8.1以前の標準機能では保存や閲覧ができませんでした。そのため、PDF変換ツールやPDF閲覧ソフト等を別途インストールする必要がありました。ですが、Windows10になって、標準機能としてPDF形式ファイルの作成(保存)や閲覧ができるようになりました。

ここでは、簡単ではありますがWindows10の標準機能で、PDF形式ファイルを作成(保存)する方法と閲覧する方法を紹介します。

PDF形式ファイルの作成(保存)

Windows10では、印刷機能のあるアプリケーションからであればPDF形式ファイルを作成(保存)できます。ここでは、例として「Webブラウザで閲覧ページをPDF形式ファイルで保存」する手順を紹介します。

まずは、保存したいページを表示している状態で、右上の「…」を開いて「印刷」をクリックします。

以下のような印刷設定画面が表示されるのでプリンターに「Microsoft Print to PDF」を選び「印刷」をクリックします。

あとは、ファイル名とファイルの保存先を指定して保存すれば完了です。

もちろん、紙へ印刷するときと同じように、印刷設定で用紙サイズ・印刷の向き・枚数・印刷ページの指定・ヘッダーやフッターの指定などもできます。

PDF形式ファイルの閲覧

Windows8.1以前では、PDF形式ファイルを閲覧するには、別途閲覧用のソフトウェアなどをインストールする必要がありましたが、Windows10では、標準Webブラウザー「Microsoft Edge」で閲覧が可能です。

なお、Microsoft EdgeでPDF形式ファイルを閲覧する場合、他の閲覧ソフトで可能な注釈やコメントの追加などはできませんが、上の画像のように参照するための基本的な機能(ページ指定・検索・拡大/縮小・回転・読み上げなど)は用意されています。

まとめ

基本的なPDF形式ファイルの作成や閲覧なら、Windows10の標準機能で十分まかなえると思います。

スポンサーリンク