Windowsの標準機能でファイルをPDFに変換する方法

Windowsの標準機能でファイルをPDFに変換する方法

Windows、Mac、スマートフォン、タブレットなど、どのような環境でも制作者が意図したとおりの見た目で表示できるPDF(Portable Document Format)は、今や電子文書フォーマットのスタンダードで、仕事などで使用されている方も多いと思います。

Windows 8.1以前は、標準機能ではファイルをPDFとして保存ができず、PDF変換ツールなどを利用する必要がありましたが、Windows 10以降では、標準機能だけで様々なファイルをPDFファイルに変換することができます。

そこでここでは、Windows 10の標準機能でファイルをPDFに変換する方法を紹介します。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2

PDFに変換する

Windowsでは、印刷機能のあるアプリケーションからであれば、標準搭載されている仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」を使って、あらゆるファイルをPDF化できます。

Windows 10で「Microsoft Print to PDF」を復活させる方法
ここでは、Windows 10で削除してしまった「Microsoft Print to PDF」を復活させる方法を紹介します。なお、標準搭載されているプリンター「Fax」「Microsoft XPS Document Writer」も同様の手順で復活させることができます。

Microsoft Print to PDFでは、最適化や解像度の指定、セキュリティ設定などきめ細かな設定はできないため、出力するPDFファイルの設定を細かく調整したいといった用途には向きません。

また、Microsoft Print to PDFでPDF化した場合、他のPDF変換ツールと比較して、再現性はかなり高いですが、ファイルサイズは大きくなることが多いため、出力されたPDFファイルのサイズに注意が必要です。

ここでは、例としてMicrosoft Edgeで閲覧ページをPDFファイルとして保存する手順を紹介します。

まずは、保存したいページを表示している状態で、右上の「…」からメニューを開き「印刷」をクリックします。

Windowsの標準機能でファイルをPDFに変換する方法

以下のような印刷画面が表示されるので、プリンターに「Microsoft Print to PDF」を選び「印刷」をクリックします。

Windowsの標準機能でファイルをPDFに変換する方法

あとは、ファイル名とファイルの保存先を指定して保存すればPDF化完了です。

もちろん、紙へ印刷するときと同じように、印刷設定画面で用紙サイズ・印刷の向き・枚数・印刷ページの指定・ヘッダーやフッターの指定などもできます。

PDFを分割する

Microsoft Print to PDFを使えば、既存のPDFファイルを分割することもできます。

PDFファイルを分割したいときは、PDFファイルをMicrosoft Edgeで開き、印刷画面で「ページ」を指定することで、特定のページを別のPDFファイルとして保存することでPDFファイルを分割できます。

Windowsの標準機能でファイルをPDFに変換する方法

PDFを見開きにする

Microsoft Print to PDFを使えば、既存のPDFファイルを見開きにすることもできます。

PDFファイルを見開きにしたいときは、PDFファイルをMicrosoft Edgeで開き、印刷画面で「シートごとのページ数」を「2」と指定してから、Microsoft Print to PDFでPDF化すれば、PDFファイルを見開きに変更することができます。

Windowsの標準機能でファイルをPDFに変換する方法