Window10の標準機能でファイルをPDF化したりPDFファイルを閲覧する方法

Window10の標準機能でファイルをPDF化したりPDFファイルを閲覧する方法

Windows、Mac、スマートフォン、タブレットなど、どのような環境でも制作者が意図したとおりの見た目で表示できるPDF(Portable Document Format)は、今や電子文書フォーマットのスタンダードで、仕事などで使用されている方も多いと思います。

PDFファイルは、Windows8.1以前は標準機能では保存や閲覧ができず、PDF変換ツールやPDF閲覧ソフト等を別途インストールする必要がありましが、Windows10になって、標準機能でも閲覧したり、ファイルをPDFに変換したりできるようになりました。

そこでここでは、Window10の標準機能でPDFファイルを閲覧したり、ファイルをPDFに変換する方法を紹介します。

Windows10でPDFファイルを縮小表示(サムネイル)やプレビュー表示する方法
ビジネスで利用する電子ドキュメントのスタンダードといえば「PDF」です。 Windows10では、デフォルトでMicrosoft Ed...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

ファイルをPDF化する

Windows10では、印刷機能のあるアプリケーションからであれば、標準搭載されている仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」を使って、あらゆるファイルをPDF化できます。

ここでは、例として「Microsoft Edgeで閲覧ページをPDF形式ファイルで保存」する手順を紹介します。

まずは、保存したいページを表示している状態で、右上の「…」からメニューを開き「印刷」をクリックします。

Window10の標準機能でファイルをPDF化したりPDFファイルを閲覧する方法

以下のような印刷画面が表示されるので、プリンターに「Microsoft Print to PDF」を選び「印刷」をクリックします。

Window10の標準機能でファイルをPDF化したりPDFファイルを閲覧する方法

あとは、ファイル名とファイルの保存先を指定して保存すれば完了です。

もちろん、紙へ印刷するときと同じように、印刷設定画面で用紙サイズ・印刷の向き・枚数・印刷ページの指定・ヘッダーやフッターの指定などもできます。

「Microsoft Print to PDF」利用時の留意点

「Microsoft Print to PDF」には、利用するにあたっていくつかの留意点があります。

設定項目が少ない

「Microsoft Print to PDF」では、最適化や解像度の指定、セキュリティ設定などきめ細かな設定はできないため、出直するPDFファイルの設定を細かく調整したいといった用途には向きません。

ファイルサイズが大きい

PDFとして出力する際に解像度などを指定できないため「Microsoft Print to PDF」でPDF化したファイルは、他のPDF化ツールで変換した場合に比べると、ファイルサイズが大きくなることが多いです。

場合によっては10倍ぐらいファイルサイズに差ができるようなので、出力後にファイルサイズをチェックしたほうが良いでしょう。

再現性は高そう

ファイルにもよりますが「Microsoft Print to PDF」でPDF化した場合、他のPDF化ツールと比較して、再現性はかなり高い印象です。

Windows10で「Microsoft Print to PDF」を復活させる方法
Windows10に標準搭載されている仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」は、さまざまなファイルをカンタンにP...

PDFファイルを閲覧する

Windows8.1以前では、PDFファイルを閲覧するには、別途閲覧用のソフトウェアをインストールする必要がありましたが、Windows10では、標準搭載のWebブラウザー「Microsoft Edge」で閲覧が可能です。

Microsoft EdgeでPDFファイルを閲覧する場合、次の機能が利用でき、Microsoft Edgeのバージョンアップにより閲覧機能も充実してきています。

  • コメントや注釈の挿入
  • ページの拡大/縮小、回転
  • ページ指定
  • 検索
  • 読み上げ

Window10の標準機能でファイルをPDF化したりPDFファイルを閲覧する方法

あとがき

基本的なPDF形式ファイルの作成や閲覧なら、Windows10の標準機能で十分まかなえると思います。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ