マウスジェスチャーでWindows10を効率よく操作しよう!

Windows10の操作を効率化する方法として、まず覚えておきたいのがキーボードショートカットですが、さらなる効率化をお望みなら「マウスジェスチャー」ツールの導入をおススメします。

マウスジェスチャーを利用すると、アプリケーション操作時に、ボタンをクリックするなどの操作が格段に少なくなり、慣れてくると操作スピードを上げることができます。

そこで、ここではWindows10でオススメなマウスジェスチャーツールを紹介します。

マウスジェスチャーとは

Windowsでアプリケーションをマウスで操作する場合、画面上のボタンやリンクをクリックして操作するのが一般的ですが、マウスジェスチャーでは、マウスクリックではなくマウスポインターの軌跡によって各種の操作を行います。

メジャーなWebブラウザでは、拡張機能を導入することでマウスジェスチャー機能を利用でき、単体アプリとしてのマウスジェスチャーツールもあります。

マウスジェスチャーによる操作は、慣れるまでに少し時間がかかりますが、慣れてくるとクリックによるアプリ操作にくらべて、格段にスピーディーな操作が可能です。

なお、ほとんどのマウスジェスチャーツールでは、マウスジェスチャーを通常のマウス操作と区別するため、ジェスチャー操作のときは、右クリックや、キーボードの特定のキーを押しながらマウスを動かします。

おすすめのマウスジェスチャーツール

ここでは、ブラウザ拡張機能として提供されているマウスジェスチャーツールと、単体のソフトウェアとして提供されているマウスジェスチャーツールを紹介します。

なお、複数のマウスジェスチャーツールを同時に利用すると、操作が競合するなどして、想定外の動作をひき起こす場合があるので注意が必要です。

ブラウザの拡張機能

メジャーなWebブラウザ(Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge)では、いずれも拡張機能を導入することで、マウスジェスチャーによる操作ができるようになります。

たとえば、Google ChromeやMozilla Firefoxで拡張機能を検索してみると、以下のようにたくさんヒットます。

chromeで検索した場合

firefoxで検索した場合

普段使うブラウザが決まっているのであれば、ブラウザの拡張機能をインストールするのがカンタンです。

ですが、複数のブラウザを利用してる場合や、ブラウザ以外でもマウスジェスチャーを利用したい場合は、単体のソフトウェアとして提供されているマウスジェスチャーツールを導入したほうがよいでしょう。

Strokes Plus

StrokesPlus - Free Mouse Gestures for Windows XP to Windows 10

Windows10対応のマウスジェスチャーツールとして人気があるのは「Strokes Plus」です。

インターフェースは英語ですが、日本語化も可能で、日本語による解説サイトもあります。

「Strokes Plus」は、デフォルトの設定でも操作に困ることはありませんが、特定のアプリケーションやウィンドウでのみ使用可能なジェスチャを設定したり、自分でアクションを追加するなど、きめ細かな設定ができるツールです。

アクションを追加するには、スプリクト言語を記述する必要があり、若干敷居が高いですが、公式サイトでサンプルスプリクトも提供されており、ググればスクリプトを配布しているサイトも見つかるでしょう。

Crevice4

Crevice 4 を入手 - Microsoft Store ja-JP

Crevice Documentation

「Crevice 4」は、エクスプローラーやWebブラウザーの操作をマウスジェスチャーで行えるWindows10向けのマウスジェスチャーツールで、Microsoft Storeからストアアプリとしてインストールしたり、GitHubのプロジェクトページからダウンロードすることもできます。

「Crevice 4」では、「Google Chrome」や「Firefox」といったWebブラウザーのほか、エクスプローラーも共通のジェスチャーで操作でき、「Strokes Plus」と同じようにスクリプトを記述することで、アクションを登録することもできます。

あとがき

マウスジェスチャーは、操作になれるまでに少し時間がかかるため、敬遠してしまいがちですが、操作を覚えるとその効果は絶大です。

より効率的な操作を求めているなら、ぜひ活用してみてください。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る