Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

Windowsを利用していると、ユーザーがサインアウト(ログオフ)するときやパソコンをシャットダウンするときに、特定の処理を実行させたいときがあります。

そのようなときは、グループポリシーを設定することで、ユーザーがサインアウトするときやパソコンをシャットダウンするときに、指定したプログラムを実行させることができます。

そこでここでは、Windows10のグループポリシーで、指定したプログラムをユーザーがサインアウトするときやパソコンをシャットダウンするときに実行させる方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

グループポリシーを設定する

グループポリシーで、指定したプログラムをユーザーがサインアウトするときやパソコンをシャットダウンするときに実行させる手順は、次のとおりです。

検索ボックスに「グループ」と入力するなどして「ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)」を起動します。

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

「ローカルグループポリシーエディター」画面が表示されたら、ログオフスクリプトを設定するときは、左側のメニューで「ユーザーの構成」>「スクリプト(ログオン/ログオフ)」を選択し、画面右側で「ログオフ」をダブルクリックします。

シャットダウンスクリプトを設定するときは、左側のメニューで「コンピューターの構成」>「スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)」を選択して、画面右側で「シャットダウン」をダブルクリックします。

Memo

ユーザーがサインアウトするときに指定したプログラムを実行させるには「ログオフスクリプト」を、パソコンをシャットダウンするときに指定したプログラムを実行させるには「シャットダウンスクリプト」を設定します。

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

ログオフスクリプトの場合

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

シャットダウンスクリプトの場合

「ログオフ(または、シャットダウン)のプロパティ」画面が表示されるので「追加」をクリックして、実行させたいプログラムを指定して「OK」をクリックします。

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

Memo

なお、シャットダウンスクリプトとして設定したプログラムは、SYSTEM権限で実行されます。

「ログオフ(または、シャットダウン)のプロパティ」画面に戻ったら「OK」をクリックします。

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

最後にポリシーを適用するために、コマンドプロンプトを起動して「gpupdate」コマンドを実行します。

Windows10でサインアウト時やシャットダウン時にプログラムを実行させる方法

以上で設定完了です。

あとがき

「ログオフスクリプト」や「シャットダウンスクリプト」に設定できるプログラムは、画面操作やユーザーによる入力が不要なプログラム(コマンドやスクリプトファイルなど)に限られ、一般的なデスクトップアプリは正常に実行できないので注意しましょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ