Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Windows95やWindowsXPの頃に、Windowsを使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ツールとして、パワーユーザーの間で人気のあった「PowerToys」は、現在Windows10や11向けにオープンソースとして開発が進められており、「こんな機能が手軽に使えたらなぁ」と感じられる便利な機能が多く搭載されています。

そこでここでは、PowerToysの入手方法や、現在のバージョンで利用できる機能の概要を紹介します。

Memo

なお、機能紹介の画像の一部が英語のままになっていたり、古いバージョンの画像の場合がありますのでご容赦ください。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2
PowerToys0.64.1

PowerToysのインストール

PowerToysは、以下のGitHubのページからインストーラーを入手してインストールする方法と、Microsoft Storeからインストールする方法がありますが、Microsoft Storeからのインストールが分かりやすいでしょう。

Releases · microsoft/PowerToys · GitHub

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

インストールが完了すると自動的にPowerToysが起動し、タストレイにアイコンが表示されます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

タスクトレイのアイコンをクリックすると、設定画面が表示され、各機能のオン/オフの切り替えなどの設定を行うことができます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Memo

一部の機能は、マシンを再起動しないと動作しないことがあるようなので、正常に動作しないなぁと思ったら、PowerToysをインストール後Windowsを再起動してみましょう。

以降では、現在のバージョンで提供されているおもな機能について紹介します。

  • 常に手前に表示
  • Awake
  • Color Picker
  • FancyZones
  • File Locksmith
  • File Explorer add-ons
  • ホストファイルエディター
  • Image Resizer
  • Keyboard Manager
  • マウスユーティリティ
  • PowerRename
  • PowerToys Run
  • Quick Accent
  • スクリーンルーラー
  • Shortcut Guide
  • Text Extractor

常に手前に表示

「常に手前に表示」は、任意のアプリケーションウィンドウを常に手前に表示させて、他のウィンドウを選択したいときに隠れてしまわないようにする機能です。

「常に手前に表示」機能を利用するときは、特定のウィンドウを常に手前に表示させた状態で「Windows+Ctrl+T」キーを押します。

すると、サウンドとともにウィンドウの周りに青い枠が付き、そのウィンドウが常に手前に表示されるようになります。

また、同じ操作を繰り返すことで、複数のウィンドウを常に手前に表示することもできます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

なお、ウィンドウが常に手前に表示される状態を解除するには、対象のウィンドウをアクティブにしてから、再度「Windows+Ctrl+T」キーを押します。

アプリによっては、自身のウィンドウを常に手前に表示させる機能を搭載していることもありますが、PowerToysの「常に手前に表示」機能を利用すれば、任意のウィンドウに対して設定できるのが便利です。

Awake

「Awake」は、Windowsの電源設定を変更することなく、PCを起動したままにできる機能です。

「Awake」機能は、タスクトレイにアイコンとして表示されており、右クリックメニューから、指定した時間だけ起動したままにしたり、モニターだけをオンにしたままにできます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Color Picker

「Color Picker」は、マウスポインターの場所のカラーコードを表示してくれる機能です。

「Color Picker」機能を利用するときは「Windows+Shift+C」キーを押すことで、マウスポインターの横にHTMLカラーコード、およびRGBカラーコードが表示され、そのままマウスをクリックすれば、カラーコードをクリップボードにコピーすることもできます。

気に入った色のコードを知りたいときに便利です。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

FancyZones

「FancyZones」は、ウィンドウをデスクトップ上に並べるウィンドウ整列機能です。

Windows10や11の標準機能されているスナップレイアウトでは、分割時のレイアウトが限定されますが、FancyZonesを利用することで、さまざまなウィンドウ配置が可能になります。

配置方法は、あらかじめ用意されている「テンプレート」から選択したり、「カスタムレイアウト」で自分で配置を定義したりできます。

テンプレートでは、次のような配置が用意されています。

  • Focus
  • Columns
  • Rows
  • Grid
  • Priority Grid

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

FancyZonesを利用してウィンドウを配置するときは、「Shift」キーを押しならがら、ウィンドウをドラッグします。

たとえば、配置方法としてテンプレートから「Grid」を設定している状態だと、次のように配置できます。

たくさんのウィンドウを行き来して作業をするときに、ウィンドウを思い通りに配置できて便利です。

File Locksmith

「File Locksmith」は、別のプログラムがフォルダーやファイルを開いている(ロックしている)ために、フォルダーやファイルを削除するといったファイル操作ができないときに、そのフォルダーやファイルをロックしているプロセスを調べるツールです。

File Locksmithの使い方は、対象となるフォルダーやファイルを右クリックして、メニューから「このファイルは何で使用していますか?」を選択します。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

すると、フォルダーやファイルをロックしているプロセスが一覧表示され、ロックしているプロセスを終了させることができます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

また、プロセス一覧画面右上の「盾」アイコンをクリックすれば、管理者権限で動作しているプロセスも表示させることができます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

File Explorer add-ons

「File Explorer add-ons」は、エクスプローラーのファイルプレビュー機能やファイルのサムネイル表示を拡張してくれる機能です。

ファイルのプレビュー

ファイルのプレビュー機能では、次のファイルがプレビュー表示できるようになります。

  • Markdown記法で書かれたテキストファイル(拡張子がmdのテキストファイル)のHTML形式でのプレビュー
  • SVG形式の画像ファイル
  • PDF形式ファイル
  • 開発者ファイル(.cpp, .pyなど)
  • Gコードファイル(.gcode)

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

MD形式ファイルのプレビュー画面

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

SVG形式ファイルのプレビュー画面

ファイルのサムネイル表示

ファイルのサムネイル表示では、次のファイルがサムネイル表示できるようになります。

  • SVG形式の画像ファイル
  • PDF形式ファイル
  • Gコードファイル(.gcode)
  • STLファイル(.stl)
Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

SVG形式ファイルのサムネイル表示

ホストファイルエディター

「hosts」ファイルを編集する場合、通常はメモ帳を管理者権限で起動してから「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」を開くといった面倒な操作が必要になりますが「ホストファイルエディター」を利用すれば、簡単にhostsファイルを編集できるようになります。

ホストファイルエディター画面は以下のとおりで、新しいエントリの追加や既存エントリの削除、各エントリの有効/無効の切り替え、メモ帳でhostsフィルを開くといった操作ができます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Image Resizer

「Image Resizer」は、画像ファイルのサイズを一括変更できる機能です。

「Image Resizer」機能を利用するときは、サイズ変更したい画像ファイルを選択した状態で、右クリックメニューから「Resize pictures」をクリックします。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

すると、サイズ変更画面が表示されるので、画像サイズを指定して「Resize」をクリックするだけです。

画像サイズは、デフォルトのサイズ(小、中、大)以外にも、ピクセル、パーセンテージ、センチメートル、インチを使用してカスタムサイズを指定することもできます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

また、左下の「Setting」画面からは、デフォルトのサイズを変更したり、画像形式ごとの圧縮率の調整、出力ファイルの命名規則のカスタマイズが可能です。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」
Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」
Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

たくさんの画像ファイルのサイズを一括変更したいときに便利です。

Keyboard Manager

「Keyboard Manager」には、2つの機能が搭載されており、「Remap Key」ではキーボード配列を変更することができ、「Remap shortcuts」では「Ctrl+C」キーのようなキーを同時押しするキーボードショートカットを、別のキーボードショートカットに変更することができ、いずれの変更も再起動不要で適用できます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

マウスユーティリティ

「マウスユーティリティ」は、マウスポインターの位置やクリック操作をわかりやすく表示してくれる機能です。

たとえば「Ctrl」キーを2回押せば、マウスポインターの周辺だけを明るく表示させることができます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Microsoft製マウスなら標準ツールでマウスポインター周辺をスポットライトできるよ。
Microsoft製のマウスやキーボードの機能を活用するためのツール「Microsoft マウス キーボード センター(Mouse and Keyboard Center)」のバージョン13では、マウスポインター周辺をハイライトしてくれる機能が搭載されています。

また「Windows+Shift+H」キーを押せば、マウスをクリックしたり、右クリックしたときに強調表示させることができます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

また「Ctrl+Alt+P」キーを押せば、マウスポインターを中心とした十字線を表示させることができ、十字線はマウスポインターの動きに追従します。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

いずれの機能も、解像度の高いディスプレイ環境などでマウスポインターを見失うことがある、プレゼンでマウスポインター周辺やマウスクリックを強調表示させたいといったときに便利です。

PowerRename

「PowerRename複数ファイルの名前を一括で変更したい場合、エクスプローラーなどGUI操作からでは、通常はカッコつきの番号を振るぐらいしかできません。

「PowerRename」を利用すれば、番号を振るだけでなく、拡張子だけ変更する、ファイル名だけ変更する、フォルダー名だけ変更する、正規表現を利用して変更するなど、より複雑な一括変更が可能です。

基本的な使い方は、一括変更したいファイルを選択した状態で、右クリックメニューから「PowerRename」をクリックします。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

すると、変更画面が表示されるので「Search for:」欄に変更したい文字列を、「Replace with:」に変更後の文字列を指定します。

すると、変更後のファイル名が「Preview」欄の「Renamed」列に表示されるので、確認後「Rename」をクリックすることで一括変更が可能です。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

なお、一括変更後に「Ctrl+Z」で変更を取り消すこともできます。

使ってみた感じだと、サードパーティーのファイル名一括変更ツールに比べると物足りなさを感じることもありますが、右クリックメニューから手軽に変更できる便利さはあります。

PowerToys Run

「PowerToys Run」は、コマンドタイプのランチャー機能で、アプリやフォルダー、ファイルをキーワードで検索して開くことができます。

ランチャーは「Alt+スペースキー」を押すと表示され、アプリやフォルダー、ファイルの名前などのキーワードを入力すると候補が表示されます。

キーワードは完全に入力しなくても、一部だけ入力すれば候補が表示されます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

たとえば「メモ」と入力すると、検索ボックスの下に候補が表示されるので、上下の矢印キーで候補を選択した状態でEnterキーを押すことでアプリを起動したり、フォルダーやファイルを開いたりできます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

また、候補に表示されるアプリは、右側に表示されているアイコンから、アプリを管理者権限で起動したり、アプリが保存されているフォルダーを開いたり、アプリが保存されているフォルダーをカレントディレクトリとしてコマンドプロンプトを起動したりできます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

さらに、数式を入力して計算し、その結果をクリップボードへコピーするといったこともできます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Quick Accent

「Quick Accent」は「à」といったアクセント記号付き文字の入力を補助するツールですが、日本語入力とは相性がよくないようなので、デフォルトでは無効化されており、利用する機会もほとんどないと思われるため、割愛します。

スクリーンルーラー

「スクリーン ルーラー」は、デスクトップ上でさまざまな領域の幅や高さを計測できる定規機能です。

「スクリーン ルーラー」機能を利用するときは「Windows+Shift+M」キーを押すことで、デスクトップ上部にツールバーが表示され、4種類のツールから選択して計測を行います。

  • Bounds:選択領域の高さと幅を計測します。
  • Spacing:検出された領域の高さと幅を計測します。
  • Horizontal spacing:検出された領域の高さ(垂直方向)を計測します。
  • Vertical spacing:検出された領域の幅(水平方向)を計測します。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

なお「Bounds」以外のツールは、色の変化からマウスポインターのある領域の端を検出しているようです。

Shortcut Guide

「Shortcut Guide」では、Windows10や11で利用できる「Windows」キーを併用するショートカットを一覧表示してくれます。

ショートカットの一覧は、デスクトップにオーバーレイ表示され、表示させた一覧から該当のキーを押せばそのまま実行できます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

Text Extractor

「Text Extractor」は、デスクトップ上に表示している画像などからテキストを抽出してくれるOCR機能です。

「Text Extractor」機能を利用するときは「Windows+Shift+T」キーを押すことで、デスクトップが暗転して、マウスでテキストの範囲を選択すると、認識されたテキストがクリップボードにコピーされます。

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

テキストを選択している画面

Windows10や11を使いやすくカスタマイズできるMicrosoft製ユーティリティー「PowerToys」

クリップボードにコピーされたテキストをメモ帳に貼り付けた画面

日本語の場合では、上の画像のようにも文字間に余計なスペースが入ってしまいますが、これは今後の改善に期待です。

あとがき

PowerToysがリリースされた当初は、インターフェースが英語のみだったりと、使いづらいこともありましたが、バージョンアップを重ねて日本語にも対応し機能も充実し、使いやすさが格段に向上しています。

Windows10や11をより便利に使いこなす上で、欠かせないツールとなりそうです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。