Windows10で画面を一時的に拡大したいなら「拡大鏡」で

最近では、FullHDを超えるディスプレー解像度でPCを利用している方も多いと思います。そのような場合に、文字などが小さくなり見えにくいという人もいるでしょう。

そんな場合、画面全体を拡大したり、文字を大きくしたりもできますが、画面の一部分だけ拡大したいときに便利なのが「拡大鏡」です。

ここでは、Windows10で「拡大鏡」を利用する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

拡大鏡を使う

拡大鏡は「Windows」キー+「+」キーを押して起動します。

デフォルトの設定では、以下のように画面全体が拡大されます。

拡大鏡の表示メニューから「レンズ」を選択すると、マウスポインターの周りだけが拡大されます。

拡大鏡の表示メニューから「固定」を選択すると、画面上部にマウスポインター周りが拡大表示されます。

拡大鏡を終了する場合には「Windows」キー+「Esc」キーを押します。

拡大鏡の拡大方法を変更する

拡大鏡の拡大方法を変更するには、拡大鏡を起動した後に、拡大鏡の表示メニューから変更する方法と、設定アプリから拡大鏡の動作を設定することができます。

拡大鏡の表示メニューから変更する場合

設定アプリから変更する場合は「簡単操作」>「拡大鏡」で行います。

ここでは、拡大レベルや、拡大鏡の既定の動作などを細かく設定することができます。

あとがき

超高解像度のディスプレイは、デスクトップが広くて使いやすい反面、文字が小さく見づらい場面もあるのではないでしょうか。そんなときに拡大鏡を活用してみてください。

ショートカットキーから素早く起動できて意外と便利ですよ。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る