Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

Windows10で、画像やPDFファイルなどの内容を確認したいとき、ファイルを開くのが一番確実な方法ですが、ファイルを開くことなく大まかな内容を確認する方法としてまず思い浮かぶのが「サムネイル表示」です。

しかし、サムネイル表示は小さいため、内容を確認しづらいと感じるときも結構あります。

そんなときにおススメしたいのが、さまざまなファイルをプレビュー表示してくれるアプリ「QuickLook」です。

そこで、ここでは「QuickLook」の使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1809
QuickLookv3.6.4

「QuickLook」とは

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

xupefei.github.io

「QuickLook」は、MacのFinderに搭載されているファイルを開かずにプレビューできる機能「Quick Look」を、Windows10で利用できるようにしたアプリで無料で利用できます。

プレビュー表示できるファイルタイプは、公式ページに記載されていますが、メジャーなメディアファイルやPDFファイル、HTMLファイルをサポートしています。

Supported File Types · QL-Win/QuickLook Wiki · GitHub

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

また、プラグインをインストールすればプレビュー表示できるファイルタイプを増やすこともできるようです。プラグインのリストを見るとWordやExcelなどのMicrosoft Office系のファイルをプレビューできるプラグインなどがあるようです。

Available Plugins · QL-Win/QuickLook Wiki · GitHub

「QuickLook」のインストール

「QuickLook」のインストール方法は3種類用意されており、公式サイトによると、MSIインストーラーからのインストールが推奨されています。

Releases · QL-Win/QuickLook · GitHub

Microsoft Store版

ストア版は、手動更新に煩わされたくない人向けです。ただし、ストア版は他の2つよりも更新が遅く、ファイルを開くダイアログや保存ダイアログではファイルをプレビューできません。

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

MSIインストーラー版

MSIインストーラー版は、ファイルを開くダイアログや保存ダイアログでのファイルのプレビューを含むすべての機能を含んでいます。(公式で推奨されているインストールタイプです)

ZIPアーカイブ版

ZIPアーカイブ版は、ZIPファイルを解凍すればすぐに利用を開始できるので、お試しで利用したい方向けです。

なお、ダウンロードしたZIPファイルは、解凍する前にファイルのプロパティ画面でブロック設定を解除しておく必要しておかないと、アプリが正常に実行できないようです。

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

「QuickLook」の使い方

ここでは、例としてZIPアーカイブ版を利用します。

解凍したフォルダーから「QuickLook.exe」を実行し起動します。

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

起動するとタスクトレイにアイコンが表示されています。毎回手動で起動するのが面倒な場合は、タスクトレイのアイコンを右クリックして「スタートアップ時に起動」をクリックすることで、次回からログオン時に自動で起動するようになります。

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

QuickLookを起動したら、あとはプレビュー表示したいファイルを選択した状態でスペースキーを押せば、プレビュー画面が表示されます。

Windows10でファイルの内容を分かりやすくプレビューするなら「Quick Look」

プレビュー画面は、もう一度スペースキーを押すかESCキーを押せば閉じることができます。

また、プレビュー画面では次のようなことができます。

  • Enterキーを押せば、既定のアプリでファイルが開きます。
  • メニューボタンで、全画面表示ができます。
  • メニューボタンで、プレビュー画面が閉じないようにできます。
  • メニューボタンで、常に最前面にプレビュー画面を表示することができます。
  • メニューボタンで、プレビュー表示しているファイルを指定したアプリで開くことができます。
  • 画像ファイルの場合、メニューボタンでメタ情報を表示できます。
  • 画像や文書ファイルの場合「Ctrl」キー+マウスホイールでズームイン/ズームアウトできます。
  • 動画ファイルの場合、マウスホイールで音量調節ができます。

あとがき

普通にファイルを開いて確認するのに比べて、格段に早くファイルの内容確認ができます。

仕事用のPCで利用すれば効率アップ間違いなしのおススメアプリです。お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ