iPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを転送する3つの方法

iPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを転送する3つの方法

iPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを転送したい場合、おもに以下の3通りの方法があり、それぞれで特徴や手順が異なります。

  • iPhoneに付属しているライトニング - USBケーブルを使って転送する方法
  • ローカルネットワーク経由で転送する方法
  • インターネット経由で転送する方法

そこでここでは、上に挙げた3通りの方法それぞれでiPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを転送する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.1.1
Windows10 Pro 64bit22H2

USBケーブル経由で転送する

iPhoneとWindowsパソコンが物理的に近くにあり、転送したいファイルの数が多い場合や、動画ファイルなど転送したいファイルのデータサイズが大きい場合は、iPhoneに付属しているライトニング - USBケーブル(充電用ケーブル)を使ってiPhoneとWindowsパソコンを直結して転送するのが、速度面と信頼性の両面でおすすめです。

iPhoneとWindowsパソコンをライトニング - USBケーブルで直結してファイル転送する手順は、以下の記事をご覧ください。

iPhoneとWindowsパソコンを充電用ケーブルで直結してファイルを高速転送する方法
ここでは、iPhoneとWindowsパソコンをiPhoneに付属しているライトニング - USBケーブルで接続して、ファイルを高速転送する方法を紹介します。

ローカルネットワーク経由で転送する

iPhoneとWindowsパソコンが自宅などの同じローカルネットワーク(Wi-Fi)に接続しており、転送したいファイルの数が多くなく、データサイズもそれほど大きくないなら、ローカルネットワーク経由で転送するのがおすすめです。

iPhoneとWindowsパソコン間でローカルネットワーク経由でファイル転送する手順は、以下の記事をご覧ください。

iPhoneとWindowsパソコンでWi-Fi(ローカルネットワーク)経由でファイル転送する方法
ここでは、iPhoneとWindowsパソコン間で、Webサービス「Snapdrop」やiTunesアプリを利用して、Wi-Fi(ローカルネットワーク)経由でファイルを転送する方法を紹介します。

インターネット経由で転送する

iPhoneとWindowsパソコンが物理的に離れた場所にあるときや、同じローカルネットワークに接続していないようなときは、インターネットサービスを経由してファイル転送できます。

インターネットサービスを経由してデータ転送する場合は、iCloudなどのオンラインストレージを使ってファイルを共有する方法や、オンラインサービスを使ってファイルを転送する方法があります。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法
ここでは、iPhoneとWindowsパソコン間でインターネットサービスを利用してファイル転送する方法を紹介します。

あとがき

状況に応じて転送方法を使い分けることで、効率よくファイルを転送できるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。