PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

同一LAN上にあるPCやスマホなどの、異なるプラットフォームのデバイス間でネットワーク経由でデータを転送したいとき、皆さんはどんな方法で行っていますか?

良くある方法としては、ファイル転送用のアプリをインストールしたり、Webサービスを利用するといった方法が思いつきますが、これらの方法だと、アプリをインストールしたり、Webサービスに利用登録しなければならなかったりと、実際にデータを転送するまでの準備が以外に面倒ですよね。

そこで、おススメしたいのが、アプリのインストールやサービスの利用登録が不要で、Webブラウザさえあれば、すぐにデータ転送ができるWebアプリ「Snapdrop」です。

ここでは「Snapdrop」の概要と使い方を紹介します。

Snapdropとは

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

Snapdrop

Snapdropは、同一LAN上にあるデバイス間でファイルやテキストメッセージの転送ができるWEBアプリで、インストールや利用登録などの煩わしさがなく、Webブラウザさえあればすぐに利用できます。

プラットフォームは、Windows、Android、iOS、MacOSに対応しており、異なるプラットフォーム間でも手軽にデータ転送ができます。

また、データ転送はサーバーなどを経由せず、デバイス間で直接やり取り(P2P通信)されるため、送信したファイルがどこかのサーバーに保管されるといったことがなく、セキュリティ的にも安心して利用できます。

ちなみに、WebブラウザにGoogle Chromeを利用しているなら、SnapdropをPWA(Progressive Web Apps)としてインストールし、ネイティブアプリのように使用することもできます。

Snapdropでファイルを転送する

写真や動画などのファイルを転送するときの手順は、次のとおりです。

ここでは、例としてAndroidスマホ(送信側)からWindows10パソコン(受信側)にデータを転送してみます。また、Webブラウザとしては「Google Chrome」を利用します。

まず、送信側と受信側双方のデバイスで、Webブラウザから「https://snapdrop.net」にアクセスします。

すると、双方のマシンのWebページ上に、相手先デバイスがアイコンとして表示されます。

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

Windows10(受信側)の画面

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

Androidスマホの画面(送信側)

次に、ファイルを送信する側のデバイスで、送り先デバイスのアイコンをタップ(クリック)すると、ファイルの選択画面が表示されるので、送りたいファイルを選択すると送信が開始されます。

なお、ファイルは複数選択することもでき、その際はファイルを選択後「開く」をタップします。

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」
複数ファイルを選択した時の画面
PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」
ファイル転送中の画面

受信側デバイスでファイルを受信すると、Webページに「File Received」画面が表示されるので「Download」をクリックすれば、ファイルをダウンロードできます。

なお、複数ファイルを受信したときは、ファイルの数だけ「File Received」画面が表示されます。

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

以上がファイルの転送手順です。

Snapdropでテキストメッセージを転送する

テキストメッセージを転送するときの手順は、次のとおりです。

ここでは、ファイル転送時とは逆に、Windows10パソコン(送信側)からAndroidスマホ(受信側)にテキストメッセージを転送してみます。

まず、ファイル転送時と同じように、送信側と受信側双方のデバイスで、Webブラウザから「https://snapdrop.net」にアクセスします。

次に、テキストメッセージを送信する側のデバイスで、送り先デバイスのアイコンを右クリック(ロングタップ)します。

すると、メッセージの入力画面が表示されるので、任意のメッセージを入力して「SEND」をクリックします。

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

すると、受信側デバイスのWebページに受信したテキストメッセージが表示されます。

テキストメッセージがURLの場合は、受信側に表示される文字列がリンクとなり、タップ(クリック)するだけでそのURLを開くことができます。

また、「COPY」をタップ(クリック)すれば、受信したテキストメッセージをクリップボードにコピーすることもできます。

PCとスマホ間で、もっとも手軽にファイルやメッセージを送受信する方法「Snapdrop」

以上がテキストメッセージの転送手順です。

あとがき

Snapdropでファイルを受信する場合、手順で紹介したとおり、受信側のデバイスで画面を操作してファイルを受け取る必要があります。

この点がネックとなる場合もありますが、この点さえ問題なければ、インストールや利用登録などの煩わしさがなく、Webブラウザさえあれば利用できるのはとても便利です。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る