Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

Windows 11にスクリーンショットを撮影するツールとして標準搭載されている「Snipping Tool」アプリは、最近のバージョンアップで新たな機能として文字認識機能画面録画機能が追加されていることをご存じでしょう。

そこでここでは、Windows 11に標準搭載されているSnipping Toolアプリでの文字認識機能と画面録画機能の使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 11 Pro23H2
Snipping Tool11.2310.54.0

画像から文字を認識する

Snipping Toolで画像から文字を認識する手順は、次のとおりです。

まず、スクリーンショットを撮影したり、手動でSnipping Toolを起動するなどして、文字認識させたい画像をSnipping Toolで開き、ツールバーから「テキストアクション」ボタンをクリックします。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

すると、画像が解析され画像内のテキスト部分がハイライト表示されます。

ハイライト表示された部分は、一部を選択したり全選択してテキストデータとしてクリップボードにコピーすることができます。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

また、メニューの「クイック編集」からは、画像内に表示されているメールアドレスや電話番号といった個人情報部分を自動的に黒塗りにすることができ、選択した部分だけを黒塗りにすることもできます。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

画面を録画する

Snipping Toolで画面を録画する手順は、次のとおりです。

スタートメニューのプログラム一覧からSnipping Toolを起動して、上部メニューから「録画」を選択してから「新規」ボタンをクリックします。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

画面が暗転するので録画範囲をドラッグ操作で指定してから、画面上部のメニューから「スタート」をクリックすれば、カウントダウン後に指定した画面範囲の録画が開始されます。

また、画面上部のメニューからはマイクからの音声を録音するかやシステム音を録音するかを繰り替えることができます。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

録画中は、画面上部のメニューから一時停止することができ、録画を終了するときは、画面上部のメニューから停止ボタンをクリックします。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

録画を終了するとSnipping Tools画面が自動的に表示され、録画内容を再生して確認でき、名前を付けて保存ボタンをクリックすることでMP4形式の動画ファイルとして保存できます。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

また、画面上部のメニューから「Clipchampで編集」をクリックすれば、動画編集ツール「Clipchamp」が起動して撮影した動画を編集することができます。

Windows 11での文字認識や画面録画は「Snipping Tool」アプリで

なお、Snipping Tools自体には撮影した動画を編集する機能はなく、ファイルの保存形式をMP4以外に変更することもできません。

あとがき

これまで、Windows 11で文字認識や画面録画するにはサードパーティーのソフトウェアをインストールするのが一般的でしたが、多機能さを求めないのであればSnipping Toolsで十分ではないでしょうか。ご活用あれ。