Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

2021年10月5日から提供されているWindows11は、Windows10からアップグレードする場合、次の3通りの方法で無料アップグレードできます。

  • WindowsUpdateでアップグレード
  • インストールアシスタントを使ってアップグレード
  • インストールメディアを使ってアップグレード

このうち、WindowsUpdateでアップグレードする場合は、順次展開されているため、WindowsUpdate画面に「Windows11へのアップグレードの準備ができました。」と表示されるまで待っている必要があります。

対して、インストールアシスタントやインストールメディアを使った方法は、自分のタイミングでWindows11に今すぐアップグレードすることができます。

そこでここでは、インストールアシスタントやインストールメディアを使って、Windows10をWindows11にアップグレードする方法を紹介します。

インストールアシスタントを使った方法

インストールアシスタントを使ってアップグレードする場合は、Windows11のシステム要件以外に、次の条件を満たしている必要があります。

  • Windows10がバージョン2004以降
  • ディスクに9GB以上の空きがある
  • インターネットに接続できる

アップグレード手順は、次のとおりです。

まず、アップグレードするWindows10に管理者ユーザーでサインインしてから、以下の公式サイトの「Windows 11 インストール アシスタント」にある「今すぐダウンロード」をクリックします。

Windows 11 をダウンロードする | Microsoft

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

ダウンロードした「Windows11InstallationAssistant.exe」を、そのまま実行します。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

「PC正常性チェックアプリを使用して互換性を確認する」画面が表示されるので「PC正常性チェックアプリを入手する」をクリックして、PC正常性チェックアプリをダウンロードしてインストールします。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

インストールしたらアプリを起動して「今すぐチェック」をクリックして、アップグレードするパソコンがWindows11のシステム要件を満たしているかをチェックします。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

「このPCはWindows11の要件を満たしています」と表示されていることを確認したら、PC正常性チェックアプリを閉じて、インストールアシスタント画面で「最新の情報に更新」をクリックします。

なお「このPCは現在、Windows11システム要件を満たしていません」と表示された場合は、表示されているシステム要件をクリアしないと先に進むことはできません。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

ライセンス条項の画面が表示されるので「同意してインストール」をクリックします。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

アップグレードが開始されるので、完了まで待ちます。

なお、アップグレード中もパソコンを使い続けることができます。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

アップグレードが完了すると、パソコンを再起動するよう促されるので「今すぐ再起動」をクリックします。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

再起動が完了して、Windows11にサインインし初期設定が完了すると、次のようなデスクトップ画面が表示されます。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

以上で、アップグレード完了です。

インストールメディアを使った方法

インストールメディアを使ってアップグレードする手順は、次のとおりです。

まず、インターネットにつながっているパソコンで、以下の公式サイトから「メディア作成ツール」をダウンロードしてISOイメージファイルを作成するか、ISOイメージファイルをダウンロードします。

Windows 11 をダウンロードする | Microsoft

メディア作成ツールでISOイメージファイルを作成する方法は、以下の記事をご覧ください。

Windows11のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法
Windows11では、Windows10と同じように「メディア作成ツール」を利用して、DVDやUSBメモリなどのインストールメディアを...

作成・ダウンロードしたISOイメージファイルは、アップグレードするWindows10パソコンに配置しておきます。

つぎに、アップグレードするWindows10パソコンに管理者ユーザーでサインインして、配置しておいたISOイメージファイルをダブルクリックして仮想ドライブとしてマウントし、メディアの中にある「setup.exe」をダブルクリックします。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

「Windows11セットアップ」画面が表示されるので「次へ」をクリックします。

インターネットにアクセスできない環境では「セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」をクリックして「今は実行しない」を選択してから「次へ」をクリックします。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

しばらくすると「適用される通知とライセンス条項」画面が表示されるので「同意する」をクリックします。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

ここで「このPCは現在Windows11のシステム要件を満たしていません」と表示された場合は、表示されているシステム要件をクリアしないと、先に進むことはできません。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

更新プログラムがダウンロードなどが行われるので、そのまま待ちます。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

「インストール準備完了」画面が表示されるので「インストール」をクリックします。

「引き継ぐものを変更」をクリックすれば、個人用ファイルやアプリを引き継ぐか、削除するかを選択できます。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

アップグレードが開始されるので、そのまま待ちます。

なお、アップグレード中は他の作業を行うことはできません。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

何回か再起動が行われ、Windows11のサインイン画面が表示されたらサインインし、初期設定が完了しデスクトップ画面が表示されたら、アップグレード完了です。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法

Memo

ちなみに、Windows11を再インストール(上書きインストール)するときの手順は、上に紹介しているインストールメディアを使ってWindows11にアップグレードするときと同じ手順です。

Windows10に戻したいときは

Windows11にアップグレードしたけど、やっぱりWindows10に戻したいときは、アップグレードしてから10日以内であれば、簡単に戻すことができます。

詳しい手順は、以下の記事をご参照ください。

アップグレードしたWindows11をWindows10に戻す方法
2021年10月5日にWindows11がリリースされ、いち早くWindows11にアップグレードしたものの、思っていたいのと違っていた...

あとがき

インターネットに接続できるWindows10を個人データやアプリをそのままでアップグレードしたいときは、インストールアシスタントが便利でしょう。

インターネットに接続できないWindows10をアップグレードしたいときや、個人データやアプリを削除してまっさらなWindows11にアップグレードしたいときは、ISOファイルを使ってアップグレードするのがよいでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ