Windows10のMicrosoft EdgeでWebページを保存する方法

Windows10のMicrosoft EdgeでWebページを保存する方法

Windows10で気になったWebページを保存したい場合、Webページを保存できる専用ツールを使った方法などがありますが、Windows10の標準機能だけで対応したい場合は、標準搭載のWebブラウザ「Microsoft Edge」で、Webページを保存することができます。

そこでここでは、Windows10の標準搭載ブラウザ「Microsoft Edge」で、Webページを保存する方法を紹介します。

Android端末でWebページを保存する方法
Androidスマホの標準ブラウザといえる「Google Chrome」には、閲覧しているWebページをスマホに保存しておく機能が搭載さ...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1
Microsoft Edge91.0.864.41

HTMLファイルで保存する

Microsoft Edgeで、表示しているWebページをHTMLファイルで保存する手順は、次のとおりです。

まず、Microsoft Edgeで、保存したいWebページを開いた状態で、画面右上の「…」をクリックして、メニューから「その他のツール」>「名前を付けてページを保存」を順に選択します。(ショートカットキーからなら「Ctrl+S」を押します。)

Windows10のMicrosoft EdgeでWebページを保存する方法

「名前を付けて保存」画面が表示されるので、保存場所やファイル名、ファイルの種類を指定し「保存」をクリックします。

Windows10のMicrosoft EdgeでWebページを保存する方法

Memo

ファイルの種類としては「すべて」「単一ファイル」「HTMLのみ」が選択でき、それぞれの特徴は次のとおりです。

保存形式説明
Webページ、すべて画像など、Webページに含まれるすべてのデータをファイルで保存する形式で、画像などは保存するときに指定したファイル名と同名のフォルダー内に保存されます。
Webページ、単一ファイルWebページに含まれる画像などをマルチパートMIME形式でエンコードして、1つのファイルとして保存します。
Webページ、HTMLのみ画像などは保存せず、文字データのみをHTML形式で保存します。

以上で、保存完了です。

保存したHTMLファイルは、Microsoft Edgeで開くことができます。

ちなみに、WebページをHTMLファイルとして保存する機能は、ほとんどのWebブラウザに標準搭載されています。

PDFファイルで保存する

Microsoft Edgeで、WebページをPDFファイルで保存する手順は、次のとおりです。

まず、Microsoft Edgeで、保存したいWebページを開いた状態で、画面右上の「…」をクリックして、メニューから「印刷」を選択します。(ショートカットキーなら「Ctrl+P」を押します。)

Windows10のMicrosoft EdgeでWebページを保存する方法

印刷画面が表示されたら「プリンター」から「PDFとして保存」を選択して「保存」をクリックします。

Windows10のMicrosoft EdgeでWebページを保存する方法

「名前を付けて保存」画面が表示されるので、保存場所やファイル名を指定し「保存」をクリックします。

Windows10のMicrosoft EdgeでWebページを保存する方法

以上で、保存完了です。

保存したPDFファイルは、Microsoft Edgeで開くことができます。

ちなみに、WebページをPDFとして保存する機能は「Google Chrome」や「Mozilla Firefox」といったメジャーなWebブラウザには標準搭載されています。

画像ファイルで保存する

Microsoft Edgeには、Webページ全体を画像ファイルとして保存できる「Webキャプチャ」機能が標準搭載されています。

詳しい使い方は、以下の記事をご覧ください。

Windows10でWebページ全体のスクリーンショットを撮るならMicrosft Edgeで
Windows10でWebブラウザからWebサイトを閲覧していて、Webページ全体を画像ファイルとして保存したい場合、方法としてまず思い...

なお、ChromeやFirefoxの場合は、Webページを画像として保存できる拡張機能やアドオンをインストールすることで対応できます。

あとがき

WebページをHMLファイルやPDFファイルで保存する方法は、レイアウトが崩れてしまったり、必要な情報が保存されないことがありますが、テキスト情報などを検索できるメリットがあります。

また、画像ファイルで保存する方法は、Webページを見た目どおりに保存できるメリットがありますが、テキスト検索などはできないので、適材適所で保存方法を使い分けるのがよいでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ