Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

Windows10には、以外に知られていないけど便利な標準機能がいくつかあります。そのなかから、ここでは画面を録画する機能「ゲームバー」について紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

「ゲームバー」とは

Windows10に標準搭載されている「ゲームバー」は、本来は名前のとおりゲーム画面を録画するための機能ですが、ゲーム以外のアプリケーションウィンドウも録画することができます。

「ゲームバー」の留意事項

ゲームバーを利用する場合の留意事項は、次のとおりです。

ハードウェア要件がある

ゲームバーを利用するには、Windows10マシンのハードウェアが一定の要件を満たしている必要があります。

自分のPCが要件を満たしているかは、Windows10の「設定」アプリから「ゲーム」>「キャプチャ」の設定画面を開いて確認することができます。

ゲームバーの要件を満たしていない場合は、以下の画面のように「申し訳ありませんが、お使いのPCはキャプチャのハードウェア要件を満たしていません。」と表示されます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

録画できないアプリケーションがある

ハードウェア要件を満たしている場合でも、アプリケーションによっては録画できない場合や一部だけ録画できない場合があるようです。これは、実際に試してみるしかないです。

デスクトップ全体は録画できない

ゲームバーは、対象アプリケーションのウィンドウを録画することはできますが、デスクトップ全体を録画することはできません。

「ゲームバー」で画面を録画する

「ゲームバー」でアプリケーションウィンドウを録画する手順は、次のとおりです。

まず、録画したいアプリケーションのウィンドウをアクティブにした状態で「Windowsキー + G」を押すか、スタートメニューのプログラム一覧から「Xbox Game Bar」をクリックします。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

すると、画面が暗転して上部中央あたりにゲームバーが表示されます。(ゲームバーが表示されない場合は、そのウィンドウは録画できません。)

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

ゲームバーの「キャプチャ」ボタンをクリックすると操作パネルが表示されるので「録画を開始」ボタンをクリックすると、録画が開始されます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

録画中は、画面右側に次のようなタイマーが表示されます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

録画を停止するには、操作パネルから「録画を停止」ボタンをクリックするか、タイマーの停止ボタンをクリックします。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

録画を停止すると、録画したファイルが「ビデオ」ライブラリ「キャプチャ」フォルダーに自動的に保存されます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

以上が、基本的な録画方法です。

「ゲームバー」の設定

ゲームバーの外観や録画品質など設定は、ゲームバー右端にある設定ボタンから調整したり、Windowsの「設定」アプリから「ゲーム」>「キャプチャ」を開いて調整できます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

「ゲームバー」の設定画面

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

Windowsの「設定」画面

なお、いくつかの設定項目は、どちらからでも設定が可能です。

ゲームバーの外観

ゲームバーの外観は、ゲームバー右端の設定ボタンから変更でき「黒・白・現在のWndowsのテーマ」から選択できます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

黒バージョン

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

白バージョン

バックグラウンド録画

「ゲームのプレイ中にバックグラウンドで記録する」をオンにすると、手動で録画操作を行っていなくても、最大10分前からの映像を自動的に録画しておくことができます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

ゲームバーのキャプチャ操作パネルで「直前のXXを録画する」ボタンをクリックすると、クリック前の最大10分間の映像を保存することができます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

録画時間の設定

「記録の最大長」では、最長録画時間を設定でき、時間は「30分・1時間・2時間・4時間」から選択できます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

音質や音量などの設定

「録音されたオーディオ」では、ゲームの音やマイクからの音声を記録するかや、音質・ボリュームを設定できます。

音質は「96kbps・128kbps・160kbps・192kbps」から指定でき、音声コーデックは「AAC」で変更はできません。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

ビデオ品質の設定

「録画されたビデオ」では、映像のフレームレートやビデオ品質を設定できます。

フレームレートは「30fps・60fps」から選択でき、ビデオの品質は「標準・高」から選択できます。なお、ビデオコーデックはH.264で、MP4形式で出力されます。

Windows10の標準機能「ゲームバー」で画面を録画する

録画ファイルの保存先を変更する

録画ファイルの保存先は、デフォルトでは「ビデオ」ライブラリの「キャプチャ」フォルダーですが、エクスプローラーを使って、PC上の任意の場所に「キャプチャ」フォルダーを移動することで、録画ファイルの保存場所を変更できます。

ショートカットキー

ゲームバーで利用できるおもなショートカットキーは、下表のようになっています。

説明 ショートカットキー
ゲームバーを開く Windowsキー + G
録画を開始/停止する Windowsキー + Alt + R
直前の30秒を録画する Windowsキー + Alt + G
スクリーンショットを撮影する Windowsキー + Alt + PrtScn
マイクのオン/オフを切り替える Windowsキー + Alt + M

なお、ショートカットキーは、Windowsの「設定」アプリから「ゲーム」>「ゲームバー」を開いて変更することができます。

あとがき

ゲームバーでは、録画品質などをきめ細かく設定することはできせんが、アプリケーションウィンドウをサクッと録画したいときには、十分だと思います。

なお、Windows10の標準機能外にも、Webサービス「YouTube」やWebブラウザ「Google Chrome」の拡張機能を利用した録画方法もあります。

Google Chrome:手軽にデスクトップなどを録画できる拡張機能(Loom)
最近では、さまざまな場面で動画を活用することが多くなってきましたね。 パソコンの画面などを撮影する場合、いろんなツールがありますが、サ...
PCのデスクトップ画面を録画するなら、YouTubeでもできるよ。
最近では、コンピューターの操作方法を伝えるのに動画を使うことも珍しくなくなりました。ですが、デスクトップなどの操作画面を録画したい場合、...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る