Microsoft製マウスなら標準ツールでマウスポインター周辺をスポットライトできるよ。

Microsoft製マウスなら標準ツールでマウスポインター周辺をスポットライトできるよ。

Microsoft製のマウスやキーボードの機能を活用するためのツール「Microsoft マウス キーボード センター(Mouse and Keyboard Center)」は、2020年10月2日にバージョン13がリリースされました。

マウス キーボード センターのダウンロード | Microsoftサポート

同ツールのバージョンアップは、基本的には新しいマウスやキーボードに対応する以外、目新しい変更点はないという認識でしたが、今回のバージョンアップでは「スポットライト」というマウスポインター周辺をハイライトしてくれる機能が搭載されており、これが意外と活躍してくれそうなので紹介します。

Windows10でマウスの設定を調整して作業効率をアップする
ここでは、Windows10で作業効率をアップするのに役立つマウス設定を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2
Microsoft マウス キーボード センター13.221.137.0
Windows10をマウスで効率よく操作するワザ9選
ここでは、Windows10を効率よく操作する方法として、マウス操作にキーボード操作を組み合わせたワザを紹介します。

スポットライト機能

「Microsoft マウス キーボード センター」のバージョン13で新たに搭載された「スポットライト」機能は、デスクトップを暗転させ、マウスポインター周辺だけをスポットライトのように明るく表示する機能で、プレゼンやレクチャーなどで、マウスポインター付近に注目してほしいときに活躍してくれます。

Microsoft製マウスなら標準ツールでマウスポインター周辺をスポットライトできるよ。

スポットライト機能を利用するには、「Microsoft マウス キーボード センター」を起動して、マウスのボタンに割り当てる必要があります。

私が持っているマウス(Sculpt Comfort Mouse)では、ホイールボタンに割り当てが可能でした。

Microsoft製マウスなら標準ツールでマウスポインター周辺をスポットライトできるよ。

スポットライトの詳細設定では、デフォルトのスポットライトの円のサイズや透明度を調整したり、スポットライトをオンにするときの方法を選択できます。

Microsoft製マウスなら標準ツールでマウスポインター周辺をスポットライトできるよ。

スポットライトの円のサイズはマウスホイールで調整でき、スポットライトの透明度は、Ctrlキーを押しながらマウスホイールで調整できます。

※下の画像をクリックすると、動画で確認できます。

あとがき

マウスを操作しながらプレゼンやレクチャーと行うときに、これまでだと注目してほしい箇所でマウスポインターをぐりぐり動かしたりしていましたが、スポットライト機能を利用すれば、パッと見て注目箇所が分かるので、これから活躍してくれそうです。

せまい机でも快適にパソコンを操作するならマウスよりトラックボール
ここでは、狭いスペースでもパソコンを快適に操作できる「トラックボール」の特徴とおススメ製品を紹介します。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。