PC版Google Chromeから他のデバイスにテキストデータを送信する方法

PC版Google Chromeを利用していて、Webページ内のテキストデータを他のデバイスで利用したいことがあります。

Windows10同士なら、クラウドを介してクリップボードの内容をデバイス間で同期することができますが、実はこれと似たようなことがPC版のGoogle Chromeでもできます。

ここでは、PC版Google Chromeで、Webページ内のテキストデータを他のデバイスへ送信する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Google Chrome 78.0.3904.70

選択したテキストデータを他のデバイスへ送信する方法

設定

まず、PC版Google Chromeを開き、オムニボックス(アドレスバー)に「Chrome://flags」と入力し、エンターキーを押します。

すると、以下の画像のように、試験機能に関する設定画面が表示されるので、上部にある検索ボックスに「clipboard」と入力します。

すると、以下の設定項目が示されるので、3つとも「Enabled」に設定し、最後に右下の「Relaunch」をクリックしChromeを再起動します。

  • Enable receiver device to handle shared clipboard feature
  • Enable shared clipboard feature signals to be handled
  • Sync Clipboard Service

以上で、設定は完了です。

使い方

前提として、テキストデータを送信するには、送信先デバイスにもWebブラウザとしてGoogle Chromeがインストールされており、同じGoogleアカウントでログインしている必要があります。

PC版Google Chromeから他のデバイスにテキストデータを送信する手順は、次のとおりです。

ここでは、例としてWindows10のGoogle Chromeから、他のWindows10マシンとAndroidスマホにテキストデータを転送しています。

まず、Windows10のGoogle ChromeでWebページを開き、送信したいテキストデータを選択します。

次に、選択したテキストデータを右クリックし、メニューから「デバイスにテキストを送信」をクリックし、送信先のデバイスをクリックします。

なお、選択可能なデバイスが1台しかない場合は「Nexus 5Xにテキストを送信」といったように、メニューにデバイス名が直接表示されます。

以上で、選択したデバイスにテキストが送信されます。

他のWindows10マシンへ送信した場合は、次のような通知が表示され、クリップボードに内容がコピーされます

Androidスマホへ送信した場合は、次のような通知が表示され、クリップボードに内容がコピーされます。

あとがき

この機能は、現時点(バージョン78)ではまだ試験機能という位置づけですが、バージョン79で標準機能として利用できるようになるようです。

なお、これと似た機能として、Webページやリンクを他のデバイスに送信する機能があり、こちらはすでに標準搭載されています。

使い方は、以下の記事で紹介しています。

PC版Google Chromeで閲覧中のWebページを他のデバイスですぐ見る方法
PC版Google Chromeで、閲覧しているWebページをスマホなどの他のデバイスで閲覧したくなったとき、どのような方法で実現するこ...
おすすめコンテンツ:
トップへ戻る