ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

自宅や会社などで、複数台のワークグループ環境のWindows10マシンを管理する場合、商用ツールを利用せずに管理するとなると、コマンドやリモートデスクトップを駆使して管理することになりますが、管理台数が多くなると、このような管理方法は結構煩わしくなります。

そのようなときは、Microsoftが提供している管理ツール「Windows Admin Center」を試してみてはいかがでしょうか。

「Windows Admin Center」は、ドメイン環境で利用されることが多いですが、ワークグループ環境でも十分有用なツールです。

そこで、ここではワークグループ環境でWindows10を「Windows Admin Center」で管理する方法を紹介します。

動作環境

この記事では、管理する側のマシン・管理対象のマシン双方で、以下のOSを利用した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

「Windows Admin Center」とは

「Windows Admin Center」は、Microsoftが提供するWindows環境をWebブラウザベースで管理するツールで、オンプレミスやクラウド上のWindowsサーバーやWindows10を集中管理することができ、基本機能は無料で利用することができます。

Windows Admin Center の概要 | Microsoft Docs

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ここからは、ワークグループ環境でWindows10マシンを「Windows Admin Center」で管理する方法を紹介します。

管理する側のマシンの事前準備

管理する側のWindows10マシンには「Windows Admin Center」をインストールし、事前設定を行います。

「Windows Admin Center」のインストール

「Windows Admin Center」は、以下の公式サイトからインストーラーをダウンロードしてインストールします。

Windows Admin Center | Microsoft Docs

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ダウンロードページ1

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ダウンロードページ2

インストーラーをダウンロードするのに、氏名や会社情報をある程度入力する必要があります。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ダウンロードページ3

ダウンロードしたインストーラーを実行し、ウィザードに従いインストールを行います。ウィザードは、デフォルト設定のまま進めて問題ありません。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。
ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。
ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。
ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。
ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

Windowsの設定

ドメイン環境では「Windows Admin Center」をインストールすれば、すぐに使い始めることができますが、ワークグループ環境では、以下の追加設定が必要です。

管理者権限でPowerShellを起動して、以下のコマンドレットを順に実行します。

PS C:> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
PS C:> winrm quickconfig
PS C:> Set-Item WSMan:localhostClientTrustedHosts *

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

Memo

「winrm quickconfig」コマンド実行した時に「このコンピューターのネットワーク接続の種類の 1 つが Public に設定されているため、WinRM ファイ アウォール例外は機能しません。 ネットワーク接続の種類を Domain または Private に変更して、やり直してください。」と表示されることがあります。

この場合、リモートマシンへ接続するときに利用するネットワーク接続の種類が「パブリック」の場合は「プライベート」に変更の上コマンドを再実行します。

管理対象マシンの事前準備

管理対象のWindows10マシンについても、ワークグループ環境では以下の事前設定が必要です。

管理者権限でPowerShellを起動して、以下のコマンドレットを順に実行します。

PS C:> Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
PS C:> Set-WSManQuickConfig

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

また「Windows Defender ファイアウォール」を利用している場合は、以下のコマンドレットを実行して、受信の規則を追加しておきます。

PS C:> New-NetFirewallRule -DisplayName "@RPC-enable" -Program "%SystemRoot%System32svchost.exe" -Profile Private -Direction Inbound -Protocol TCP -LocalPort RPC -Action Allow

以上で、事前準備完了です。

管理対象マシンを追加する

上記の事前準備ができたら、管理する側のマシン上でスタートメニューのプログラム一覧などから「Windows Admin Center」を起動します。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

初めて起動するとき、証明書の選択画面が表示されるので、インストール時に表示されたとおり「Windows Admin Center Client」を選択して「OK」をクリックします。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

「Windows Admin Center」画面が開いたら、画面左側の「+追加」をクリックし、リソースの追加から、WindowsPC欄の「追加」をクリックします。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

追加画面が表示されるので、管理対象マシンのコンピューター名を入力して「追加」をクリックします。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

管理対象マシンが追加されたら、リストから選択して「管理に使用する資格情報」をクリックし、管理対象マシンの管理に使用するアカウントとパスワードを入力し「続行」をクリックします。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

資格情報に問題がなければ、追加したマシンの「管理に使用する資格情報」欄に、設定したアカウントが表示されます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

以上で、Windows10マシンを管理対象として追加できました。

Windows10マシンを管理する

上の手順で追加した管理対象マシンのリンクをクリックすると、管理対象マシンの管理画面が開き、ここからさまざまな管理が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

概要

最初に表示される「概要」ページでは、ハードウェアやソフトウェアの情報や、現在のリソース利用状況をグラフで確認することができます。

このページでは、マシンの再起動/シャットダウンや、コンピューター名の変更も可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

Performance Monitor

「Performance Monitor」ページでは、パフォーマンスモニターと同様の機能が提供されており、任意のカウンターを追加して、管理対象マシンのパフォーマンスを確認できます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

PowerShell

「PowerShell」ページでは、管理対象マシン上でPowerShellコマンドを実行できます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

アプリと機能

「アプリと機能」ページでは、管理対象マシンにインストールされているストアアプリやデスクトップアプリを確認したり、不要なアプリをアンインストールしたり、Windowsの機能の有効化/無効化が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

イベント

「イベント」ページでは、管理対象マシンのイベントログを確認できます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

サービス

「サービス」ページでは、管理対象マシンのサービスの開始/一時停止/再起動や、設定が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

スケジュールされたタスク

「スケジュールされたタスク」ページでは、管理対象マシンに登録されているタスクの開始/停止/無効化/削除や、新たにタスクを作成することも可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

デバイス

「デバイス」ページでは、管理対象マシンを構成しているハードウェアデバイスを無効化したり、デバイスドライバーを更新したりできます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ネットワーク

「ネットワーク」ページでは、管理対象マシンで利用できるネットワークインターフェースの状態を確認したり、ネットワークアドレスを設定したりできます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ファイアウォール

「ファイアウォール」ページでは、管理対象マシンのファイルウォール設定を確認したり、規則の有効化/無効化や、規則を新たに追加することができます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ファイル

「ファイル」ページでは、エクスプローラーと同じような操作(ファイルのダウンロード/アップロード、フォルダーの作成、名前の変更、削除など)が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

プロセス

「プロセス」ページでは、管理対象マシンで実行中のプロセスを確認したり、プロセスを終了させたりできます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

リモートデスクトップ

「リモートデスクトップ」ページでは、管理対象マシンにリモートデスクトップ接続が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

レジストリ

「レジストリ」ページでは、管理対象マシンのレジストリ操作が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

ローカルユーザとグループ

「ローカルユーザとグループ」ページでは、管理対象マシンに登録されているユーザーやグループの管理が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

記憶域

「記憶域」ページでは、管理対象マシンに接続されているディスク、利用中のボリューム、利用中の共有フォルダーの管理が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

証明書

「証明書」ページでは、管理対象マシンに保存されている証明書の管理が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

設定

「設定」ページでは、管理対象マシンの環境変数・電源構成・リモートデスクトップの有効化/無効化の設定が可能です。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

仮想スイッチ/仮想マシン

管理対象マシン上でHyper-V仮想環境を利用している場合は「仮想スイッチ」や「仮想マシン」ページがあり、作成している仮想スイッチや仮想マシンを確認したり、新たに作成することもできます。

ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。
ワークグループ環境でWindows10を効率よく管理するなら「Windows Admin Center」で。

あとがき

ワークグループ環境で複数台のWindowsマシンを効率よく管理したいけどコストは掛けられないなら、十分に活用できるのではないでしょうか。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る