Android端末をセキュリティキーに設定する方法

Googleアカウントのログインで利用できるセキュリティキーは、これまで以下のリンクのような物理的な専用デバイス(セキュリティキー ドングル)だけでした。

Amazon | Yubico セキュリティキー - U2F / FIDO2, USB-A, 2段階認証 | Yubico | セキュリティロック 通販

ですが最近、PCとAndroid端末をBluetoothで接続することで、Androidスマートフォンやタブレットを物理的なセキュリティキー代わりに利用できるようになりました。

現在のところは、Windows、macOS、Chrome OS上のGoogle ChromeからGoogleアカウントへログイン(Googleサービス)するときの2段階認証でのみ利用可能とのこと。

そこで、ここではAndroid端末をセキュリティキーに設定して利用する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Android 8.1.0
Windows10 Professional+Bluetooth 1903
Google Chrome 75.0.3770.100

Android端末をセキュリティキーにすると

Android端末をセキュリティキーとして利用するには、Googleアカウントの2段階認証設定でセキュリティキーとしてAndroid端末を選択します。

すると、Googleアカウントへログインするときに、紐付けられているAndroid端末にBluetooth経由で通知が行われ、Android端末で確認操作を行うことでログインできるようになります。

セキュリティキーを利用した場合、Googleアカウントへログインしようとしているマシンと、Android端末(セキュリティキー)が同じ場所にある必要があり、SMSや認証アプリなどによる2段階認証よりも、さらに安全にアカウントを保護できます。

ちなみに、同じ場所にあるかどうかは、Bluetoothと位置情報で確認されるようです。

Android端末をセキュリティキーに設定する

Android端末をセキュリティキーに設定するための手順は、次のとおりとなります。

要件

Android端末をセキュリティキーに設定して利用するには要件があります。

  • Android7.0以上を搭載したAndroid端末
  • 次の機能とソフトウェアを搭載したPC
    • Bluetooth
    • Chrome など、互換性のあるブラウザの最新バージョン
    • Chrome OS、Mac OS、Windows など、互換性のあるオペレーティング システムの最新バージョン

Android スマートフォンの組み込みのセキュリティ キーを使用する - Google アカウント ヘルプ

設定手順

ここでは、2段階認証は有効にしていることを前提に説明します。

Googleアカウントの設定ページを開き、セキュリティメニューにある2段階認証の設定ページで、予備手順から「セキュリティキー」を選択します。

以前はセキュリティキーしか選択肢がありませんでしたが、ここにAndroid端末も候補に出てくるようになっています。

Android端末を選択して、次画面で「追加」をクリックします。

 

最後に使用方法が記載されているので、確認して「完了」をクリックすれば設定完了です。

設定が完了すると、2つ目の手順のデフォルトとして、セキュリティキーが設定されていることを確認できます。

動作確認 

設定が完了したら、PCのWebブラウザ「Google Chrome」からGoogleアカウントへログインしてみます。

すると、パスワード認証後に、Chrome上には以下のような画面が表示されます。

Android端末側には、次のような画面が表示されるので「はい」をタップすればGoogleアカウントへログインできます。

なお、認証時は、PC側のBluetoothと、Android端末側のBluetoothと位置情報を有効にしておく必要があります。 

あとがき

Android端末とGoogleサービスをよく利用している方なら、Android端末をセキュリティキーに設定しておくことで、Googleアカウントの安全性をより高めることができるでしょう。

また、より安全な認証方法として、Googleアカウント以外のサービスでも利用できるようになることを期待したいですね。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る