Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方

Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方

Android端末には、セキュリティ機能として、端末をスリープから解除したときなどに、端末のロックを解除するのに認証を必要とするよう設定することができます。

ロックを解除するための認証方法としては「指紋認証」「パターン」「PIN」「パスワード」などが一般的ですが、特定の条件下で自動的に端末をロックしたり、ロックを解除できる「Smart Lock」というロック機能があるのをご存じでしょうか。

Smart Lock機能は意外と知られていませんが、使いようによっては便利な機能です。

そこでここでは「Smart Lock」の概要と使い方を紹介します。

動作環境

この投稿は、以下の環境での動作を元にしております。機種やAndroidのバージョン、アプリのバージョンによっては、動作が異なる場合があることをご了承ください。

項目
機種Nexus5X
Android8.1.0

「Smart Lock」とは

「Smart Lock」は、指定したの条件下で自動的に端末のロックを解除できるようにする機能で、Android5.0以上の端末で利用できます。

たとえば、Smart Lockを設定すると、自宅にいるときは端末のロックを自動的に解除するというような使い方ができます。

「Smart Lock」の使い方

Smart Lockの利用を開始するには、Androidの「設定」から「セキュリティと現在地情報」>「Smart Lock」を順に開きます。

Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方
Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方

すると、Smart Lockの設定画面が表示され、ここでロックを解除する条件を設定します。

なお、ロックを解除する条件は、複数設定することもできます。

Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方

持ち運び検知機能

「持ち運び検知機能」をONに設定すると、端末のロックを解除して端末を持ち運んでいる間ロックが解除されたままとなり、端末を置いたことが検知されると自動的に端末がロックされます。

持ち運んでいるかは、端末の加速度センサーで検知されます。

Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方

信頼できる場所

自宅などを信頼できる場所を設定しておくと、信頼できる場所にいるときに端末のロックを自動的に解除します。

現在位置は、端末のGPS機能で検出されます。

Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方

信頼できる端末

自宅のBluetoothスピーカーなど、信頼できるデバイスをスマホに接続し「信頼できる端末」として設定しておくと、信頼できるデバイスに接続しているときだけ、端末のロックを自動的に解除します。

Android端末の自動ロック機能「Smart Lock」の使い方

あとがき

なお「Smart Lock」を使い始めるときは、意図しない条件下で端末のロックが解除されることがないように、設定後の動作をよく確認してから使い始めましょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ