Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

日々の生活に欠かせないモノとなったスマートフォンには、セキュリティ機能として、端末を起動したときやスリープから復帰したときなどに、端末の画面をロックして解除するのに認証を必要とするよう設定することができ、設定しておくことで、端末を勝手に操作されたりしないよう保護することができます。

そこでここでは、Android端末を例に、PINコード/パターン/パスワード/指紋認証/Smart Lockなどを使って端末の画面ロックを設定する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Google Nexus 5X(Android)8.1.0

画面ロックを設定する

Android端末で画面ロックを設定するときは、PINコード/パターン/パスワードからロックの解除方法を選択でき、機種によっては追加で指紋認証や顔認証も利用できます。

画面ロックを設定する手順は、次のとおりです。

まず、Androidの「設定」から「セキュリティと現在地情報」をタップします。(メニューの名前は機種によって異なる場合があります。)

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

「セキュリティと現在地情報」画面が表示されるので「端末のセキュリティ」で「画面ロック」をタップします。(すでにロックが設定されている場合は、別のロックを選択する前に PIN、パターン、またはパスワードを入力する必要があります。)

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

「画面ロックを選択」画面が表示されるので、ロックを解除する方法をタップして、画面に表示される手順に従って設定します。

選択肢は、次のとおりです。

  • なし:端末はロックされず解除されたままになります。
  • スワイプ:画面を指でスワイプしてロックを解除します。
  • パターン:指で簡単なパターンを描いてロックを解除します。
  • PIN:4桁以上の数字を入力してロックを解除します。
  • パスワード:4文字以上の文字や数字を入力してロックを解除します。

選択肢の中で最も利便性が高いのは「なし」や「スワイプ」で、すぐにホーム画面にアクセスできますが、端末は保護されないのでおすすめできません。

また、選択肢の中でもっとも安全なのは、8文字以上で文字と数字を組み合わせたパスワードを設定する方法といわれていますが、ロック解除のたびに長いパスワードを入力する面倒があるので、利便性との兼ね合いで桁数や文字数を調整するのがよいでしょう。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

たとえば、パターンを選択したときの画面は、次のとおりです。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。 Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

画面ロックの解除方法を設定したら、同画面の歯車アイコンをタップして、自動的に画面をロックするまでの時間などを設定します。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。 Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

以上で画面ロックが設定され、Android端末の電源を入れたり、画面をスリープから復帰させたりするたびに、パターン/PIN/パスワードなどを使って端末ロックの解除が必要になります。

指紋認証を設定するときは

機種によって利用できる指紋認証を設定するときは「セキュリティと現在地情報」画面の「端末のセキュリティ」で、指紋を登録するなどして設定できます。(指紋を登録するときのメニュー名は機種により異なります。)

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

なお、指紋認証や顔認証を設定するには、ロック解除方法としてパターン/PIN/パスワードのいずれかを併せて設定する必要があります。

Smart Lockを設定する

「Smart Lock」は、指定したの条件下で自動的に端末のロックを解除できるようにする機能で、Android5.0以上の端末で利用でき、たとえば、自宅にいるときは端末のロックを自動的に解除するというような使い方ができます。

Smart Lockの設定方法は、次のとおりです。

画面ロックを設定するときと同じように「セキュリティと現在地情報」画面が表示して「端末のセキュリティ」で「Smart Lock」をタップします。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

Smart Lockの設定画面が表示され、ここでロックを解除する条件を設定します。

ロックを解除する条件は「持ち運び検知機能」「信頼できる場所」「信頼できるデバイス」を設定でき、複数設定することもできます。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

持ち運び検知機能

「持ち運び検知機能」をONに設定すると、端末のロックを解除して端末を持ち運んでいる間ロックが解除されたままとなり、端末を置いたことが検知されると自動的に端末がロックされます。

持ち運んでいるかは、端末の加速度センサーで検知されます。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

信頼できる場所

自宅などを信頼できる場所を設定しておくと、信頼できる場所にいるときに端末のロックを自動的に解除します。

現在位置は、端末のGPS機能で検出されます。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

信頼できる端末

自宅のBluetoothスピーカーなど、信頼できるデバイスをスマホに接続し「信頼できる端末」として設定しておくと、信頼できるデバイスに接続しているときだけ、端末のロックを自動的に解除します。

Androidでセキュリティ強化するなら、まずは画面ロックを設定しよう。

なお、Smart Lockを使い始めるときは、意図しない条件下で端末のロックが解除されることがないように、設定後の動作をよく確認してから使い始めましょう。

あとがき

最近では、スマートフォンでネットバンキングなど重要な情報を扱うことも珍しくなくなってきているので、万が一スマートフォンを失くしてしまったときでも、勝手に端末を操作されることがないよう画面ロックは必ず設定しておきましょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。