iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

iPhoneとWindowsパソコンが物理的に離れた場所にあるときや、同じローカルネットワークに接続していないようなときにファイル転送したい場合、インターネットサービスを経由してデータ転送することができます。

そこでここでは、iPhoneとWindowsパソコン間でインターネットサービスを利用してファイル転送する方法を紹介します。

iPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを転送する3つの方法
ここでは、iPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを転送する3つの方法(USBケーブル、ローカルネットワーク、インターネット)を紹介います。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.1.1
Windows10 Pro 64bit22H2

iCloudを使った方法

iCloudは、写真、ファイル、メモ、パスワード、その他のデータをクラウドに安全に保存し、すべてのデバイスで自動的に最新の状態に保つAppleのサービスで、iPhoneの初期設定時にAppleIDを登録すると利用できるようになります。

無料で利用できる容量は5GBと少ないですが、iCloudを利用すれば、iPhoneとWindowsパソコンでファイルを共有できます。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

たとえば、iPhoneでiCloud Driveをオンにすれば、iPhoneのファイルアプリを使ってiCloudにファイルを保存したり、iCloud上のファイルを閲覧したりできます。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法
iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

ファイルアプリの画面

写真アプリをオンにすれば、iPhoneで撮影した写真や動画などが自動的にiCloudと同期されるようになります。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

Windowsパソコンからは、WebブラウザやiCloudアプリを使ってiCloudにアクセスして、iCloudに保存されているファイルをパソコンに保存したり、iCloudにファイルアップロードできます。

以下の画像は、WebブラウザでiCloudのページを開いた画面です。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

その他のオンラインストレージを使った方法

iCloud以外にも、GoogleドライブやOneDrive、DropBox、Googleフォト、Amazonフォトなどのオンラインストレージを利用するためのiPhone向けアプリを利用すれば、iCloudと同じようにファイルを共有して、データ転送できるでしょう。

「Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ」をApp Storeで

「Microsoft OneDrive」をApp Storeで

「Dropbox:ファイル・ドキュメント向けクラウドストレージ」をApp Storeで

「Google フォト」をApp Storeで

「Amazon Photos」をApp Storeで

オンラインサービスを使った方法

iCloudなどのオンラインストレージを利用できない(利用したくない)場合は、インターネット経由でデータ転送できるオンラインサービスを利用する方法もあります。

たとえば「Send Anywhere」は、インターネット経由でファイル転送できるオンラインサービスで、iOSやAndroid、Windows、macOSといったさまざまなデバイス間でファイル転送できます。

Send Anywhere - 大容量ファイル転送

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

たとえば、iPhoneからWindowsパソコンにファイルを転送したい場合の手順は、次のとおりです。

まず、iPhoneでApp StoreからSend Anywhereアプリをインストールします。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

Send Anywhereアプリを起動して、送りたいファイルを選択し、画面下部の「送信」をタップします。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

画面に6ケタのキーが表示されれば送信準備完了です。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

受信側のWindowsパソコンでは、WebブラウザでSend Anywhereのページを開いて、受信欄の「キーまたはリンク」に、iPhoneに表示されている6ケタのキーを入力してダウンロードボタンをクリックします。

iPhoneとWindowsパソコン間でインターネット経由でファイル転送する方法

以上で、ダウンロードが開始されファイルを受信できます。

あとがき

iPhoneとWindowsパソコンが物理的に離れた場所にあるときや、自宅などのローカルネットワークに接続していない環境でファイル転送したい場合は、上に紹介したインターネットサービスを経由して転送する方法がおすすめです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。