iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

iPhoneでは、URLやメールのリンクをタップしたとき、デフォルトでは標準搭載アプリである「Safari」や「メール」アプリが起動してリンク先が表示されたりメールの作成画面が表示されますが、リンクをタップしたときに自分が普段使っている別のアプリで開きたいときがあります。

そこでここでは、iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.5

既定のWebブラウザを変更する

Webページへのリンクをタップしたときに、標準搭載のSafari以外の自分がインストールしたブラウザアプリを起動させたいときの手順は、次のとおりです。

まず、App Storeから自分が利用するブラウザアプリをインストールしておきます。(ここでは例として「Google Chrome」をインストールしています。)

ブラウザアプリをインストールしたら、iPhoneの「設定」からインストールしたアプリの項目をタップします。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

選択したアプリの設定画面で「デフォルトのブラウザApp」をタップします。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

「デフォルトのブラウザApp」画面が表示されるので、利用したいブラウザアプリ(ここでは、Google Chrome)をタップしてチェックマークを付けます。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

以上で設定完了です。

以降は、URLリンクをタップしたときに、指定したブラウザアプリが起動してリンクが表示されるようになります。

既定のWebブラウザを「Safari」に戻すには

既定のWebブラウザを標準搭載の「Safari」に戻したいときは、iPhoneの「設定」から「Safari」を選択して「デフォルトのブラウザApp」>「Safari」を順にタップすることで、Safariを既定のブラウザアプリに戻せます。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

既定のメールアプリを変更する

メールリンクをタップしたときに、標準搭載の「メール」アプリ以外の自分がインストールしたアプリを起動させたいときの手順は、次のとおりです。

まず、App Storeから自分が利用するメールアプリをインストールしておきます。(ここでは例として「Gmail」をインストールしています。)

メールアプリをインストールしたら、iPhoneの「設定」からインストールしたアプリの項目をタップします。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

選択したアプリの設定画面で「デフォルトのメールApp」をタップします。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

「デフォルトのメールApp」画面が表示されるので、利用したいメールアプリ(ここでは、Gmail)をタップしてチェックマークを付けます。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

以上で設定完了です。

以降は、メールアドレスのリンク(mailto:~)をタップしたときに、指定したメールアプリが起動してメールを作成できるようになります。

既定のメールアプリを「メール」に戻すには

既定のメールアプリを標準搭載の「メール」アプリに戻したいときは、iPhoneの「設定」から「メール」を選択して「デフォルトのメールApp」>「メール」を順にタップすることで、「メール」を既定のメールアプリに戻せます。

iPhoneでリンクをタップしたときに起動する既定のアプリを変更する方法

あとがき

iPhoneでは、複数のブラウザアプリやメールアプリをインストールしていると、リンクをクリックしたときに開くアプリを選択できますが、自動的に普段使いのアプリで開いていほしい場合は、上の手順が役立つでしょう。