Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

Windowsでは、フォルダーやファイルに対して特徴を表す情報として属性を付与することができ、セキュリティを強化できる属性として「読み取り専用」や「隠しファイル」があります。

ユーザーが作成した重要なフォルダーやファイルにこれらの属性を付与すれば、フォルダーやファイルを変更できないようにしたり隠したりして保護することができます。

そこでここでは、Windows10でフォルダーやファイルに「読み取り専用」属性や「隠しファイル」属性を付与する方法を紹介します。

Windows10でフォルダーやファイルの属性を確認/設定する方法
ここでは、Windows10でフォルダーやファイルに付与されている属性を確認したり、属性を設定する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

読み取り専用属性を付与する

フォルダーやファイルに読み取り専用属性を付与しておけば、重要なファイルを誤って上書き保存してしまったなんてことを防ぐことができます。

フォルダーやファイルに読み取り専用属性を付与する手順は、次のとおりです。

対象のフォルダーやファイルを右クリックし、表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

プロパティ画面が表示されたら「全般」タブの「属性」欄にある「読み取り専用」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

フォルダーを読み取り専用に設定した場合は、フォルダー内のすべてのファイルに属性を適用するか聞かれます。

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

フォルダーに属性を付与したときに表示される画面

以上で、対象のファイルやフォルダーとその中にあるファイルは閲覧のみが可能で、上書き保存できなくなります。

なお、読み取り専用属性を付与したフォルダー内に、あとから保存したファイルには、読み取り専用属性は反映されません。

隠しファイル属性を付与する

フォルダーやファイルに隠しファイル属性を付与しておけば、重要なファイルの存在を簡単に隠すことができます。

フォルダーやファイルに隠しファイル属性を付与する手順は、次のとおりです。

対象のフォルダーやファイルを右クリックし、表示されたメニューから「プロパティ」をクリックします。

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

プロパティ画面が表示されたら「全般」タブの「属性」欄にある「隠しファイル」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

フォルダーに隠しファイル属性を付与した場合は、フォルダー内のすべてのファイルに属性を適用するか聞かれます。

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

フォルダーに属性を付与したときに表示される画面

以上で、対象のファイルやフォルダーとその中にあるファイルは、エクスプローラーやデスクトップなどから見えなくなります。

なお、隠しファイル属性を付与したフォルダー内に、あとから保存したファイルには、隠しファイル属性は反映されません。

隠しファイルを表示したいときは

隠しファイルを表示したいときは、エクスプローラーを起動して「表示」タブにある「隠しファイル」にチェックを入れます。

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

すると、隠しファイル属性が付与されたファイル(フォルダー)が、半透明のアイコンで表示されます。

Windows10でフォルダーやファイルに属性を付与して保護する方法

あとがき

フォルダーやファイルに読み取り専用属性や隠しファイル属性を付与してセキュリティを強化する方法は、簡易的な方法ではありますが、重要なファイルの安全性を手っ取り早く高めるのに有効です。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。