Windowsでフォルダーやファイルをコマンドで操作する方法

Windowsでフォルダーやファイルをコマンドで操作する方法

Windows10でフォルダーやファイルの操作(新規作成、コピー、移動、削除、名前の変更など)を行う場合、マウス操作で行うことが多いですが、操作対象のフォルダーやファイルの数が多い場合は、コマンドで操作することで、効率よく作業を行うことができます。

そこでここでは、Windows10でフォルダーやファイルに対する次のような操作をコマンドで実行する方法を紹介します。

  • 空のファイルを作成する
  • フォルダーを作成する
  • フォルダーをコピーする
  • ファイルをコピーする
  • フォルダーやファイルを移動する
  • フォルダーやファイルの名前を変更する
  • フォルダーやファイルを削除する

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

空のファイルを作成する

空のファイルを作成するときのコマンドは、次のとおりです。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトで空のファイルを作成するときは「type」コマンドを利用します。

> type nul > E:\new_file.txt

PowerShell

PowerShellで空のファイル作成するときは「New-Item」コマンドレットを利用します。

PS> New-Item E:¥new_file.txt -type file
Windowsでダミーファイルを作成するなら「fsutil」コマンドがお手軽です。
Windows環境で、ディスクの読み書き速度やネットーワーク送受信速度をテストするとき、テスト用のダミーファイルとして、大容量のファイル...

フォルダーを作成する

フォルダーを作成するときのコマンドは、次のとおりです。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトでフォルダーを作成するときは「mkdir」コマンドを利用します。

> mkdir E:\new_folder

PowerShell

PowerShellでフォルダーを作成するときは「New-Item」コマンドレットを利用します。

PS> New-Item E:¥new_folder -type directory

コマンドでフォルダーを作成すると、フォルダーツリーを一発で作成できるのが便利です。

たとえば「E:\a\b\c\d\e」というフォルダーツリーを作成したい場合、マウス操作で作成する場合は、フォルダーaを作成してフォルダーbを作成して、と順にフォルダーを作成していく必要がありますが、コマンドなら「mkdir "E:\a\b\c\d\e"」と実行するだけで一発でフォルダーツリーを作成できます。

フォルダーをコピーする

フォルダーをコピーするときのコマンドは、次のとおりです。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトでフォルダーをコピーするときは「robocopy」コマンドがおススメです。

たとえば「E:¥copy_from」フォルダーとその中身を「E:¥copy_to」フォルダーにコピーしたいときは、次のように実行します。

> robocopy E:\copy_from E:\copy_to /e

フォルダーツリーのみをコピーして、ファイルはコピーしたくないときは、次のように実行します。

> robocopy E:\copy_from E:\copy_to /e /xf *
Windowsの「robocopy」コマンドで、より高速にコピーするためのテクニック
Windows環境でファイルをコピーする場合、ファイルをドラッグ&ドロップするなど、GUI画面でコピーすることが大半ですが、たくさんのフ...

PowerShell

PowerShellでフォルダーをコピーするときは「Copy-Item」コマンドレットを利用します。

たとえば「E:¥copy_from」フォルダーとその中身を「E:¥copy_to」フォルダーにコピーしたいときは、次のように実行します。

PS> Copy-Item E:\copy_from E:\copy_to -Recurse

ファイルをコピーする

ファイルをコピーするときのコマンドは、次のとおりです。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトでファイルをコピーするときは「robocopy」コマンドがおススメです。

たとえば「E:¥copy_from」フォルダーにある「a.txt」を「E:¥copy_to」フォルダーにコピーしたいときは、次のように実行します。

> robocopy E:\copy_from E:\copy_to a.txt

たとえば「E:¥copy_from」フォルダーにある、拡張子が「.jpg」ファイルのみを「E:¥copy_to」フォルダーにコピーしたいときは、ワイルドカード「*」を使って次のように実行し、サブフォルダーを含めたいときは「/e」オプションを付加します。

> robocopy E:\copy_from E:\copy_to *.jpg

PowerShell

PowerShellでファイルをコピーするときは「Copy-Item」コマンドレットを利用します。

たとえば「E:¥copy_from」フォルダーにある「a.txt」を「E:¥copy_to」フォルダーにコピーしたいときは、次のように実行します。

PS> Get-ChildItem E:\copy_from\a.txt -File | Copy-Item -Destination E:\copy_to\

たとえば「E:¥copy_from」フォルダーにある、拡張子が「.jpg」ファイルのみをコピーしたいときは、ワイルドカード「*」を使って、次のように実行し、サブフォルダーを含めたいときは「Get-ChildItem」コマンドレットに「-Recurse」オプションを付加します。

PS> Get-ChildItem E:\copy_from\*.jpg -File | Copy-Item -Destination E:\copy_to\
Windows10でファイルを高速コピーしたいなら「FastCopy」
Windows環境で大量のファイルや大容量のファイルをコピーしたり移動したりするとき、みなさんはどんな方法を使っていますが? GUIで...

フォルダーやファイルを移動する

フォルダーやファイルを移動するときのコマンドは、次のとおりです。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトでフォルダーやファイルを移動するときは「robocopy」コマンドを利用します。

たとえば「E:¥move_from」フォルダーとその中身を「F:¥move_to」フォルダーに移動したいときは、次のように実行します。

> robocopy E:¥move_from F:¥move_to /move /e

たとえば「E:¥move_from」フォルダーで、拡張子が「.jpg」ファイルのみを「F:¥move_to」フォルダーに移動したいときは、ワイルドカード「*」を使って次のように実行し、サブフォルダーを含めたいときは「/e」オプションを付加します。

> robocopy E:¥move_from F:¥move_to *.jpg /mov

PowerShell

PowerShellでフォルダーやファイルを移動するときは「Move-Item」コマンドレットを利用します。

たとえば「E:¥move_from」フォルダーとその中身を「F:¥move_to」フォルダーに移動したいときは、次のように実行します。

PS> Move-Item E:¥move_from F:¥move_to

たとえば「E:¥move_from」フォルダーにある「a.txt」を「E:¥move_to」フォルダーに移動したいときは、次のように実行します。

PS> Get-ChildItem E:\move_from\a.txt -File | Move-Item -Destination F:\move_to\

たとえば「E:¥move_from」フォルダーで、拡張子が「.jpg」ファイルのみを「E:¥move_to」フォルダーに移動したいときは、ワイルドカード「*」を使って、次のように実行し、サブフォルダーを含めたいときは「Get-ChildItem」コマンドレットに「-Recurse」オプションを付加します。

PS> Get-ChildItem E:\move_from\*.jpg -File | Move-Item -Destination F:\move_to\

フォルダーやファイルの名前を変更する

フォルダーやファイルの名前を変更するときのコマンドは、次のとおりです。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトでフォルダーやファイルの名前を変更するときは「rename」コマンドを利用します。

たとえば「E:¥folder_a」のフォルダー名を「E:\folder_b」に変更したいときは、次のように実行します。

> rename E:\folder_a folder_b

たとえば「E:¥a.txt」のファイル名を「E:¥b.txt」に変更したいときは、次のように実行します。

> rename E:\a.txt b.txt

たとえば、拡張子が「.txt」のファイルの拡張子を「.jpg」に一括変更したいときは、ワイルドカード「*」を使って次のように実行します。

> rename E:\*.txt *.jpg

PowerShell

PowerShellでフォルダーやファイルの名前を変更するときは「Rename-Item」コマンドレットを利用します。

たとえば「E:¥folder_a」のフォルダー名を「E:\folder_b」に変更したいときは、次のように実行します。

PS> Rename-Item E:\folder_a folder_b

たとえば「E:¥a.txt」のファイル名を「E:¥b.txt」に変更したいときは、次のように実行します。

PS> Rename-Item E:\a.txt b.txt

たとえば「E:\folder_a」フォルダーにある拡張子が「.txt」のファイルの拡張子を「.jpg」に一括変更したいときは、次のように実行し、サブフォルダーを含めたいときは「Get-ChildItem」コマンドレットに「-Recurse」オプションを付加します。

PS> Get-ChildItem E:\folder_a -File | Rename-Item -NewName { $_.Name -replace '.txt','.jpg' }
Windows10でフォルダーやファイルの名前を一括変更(リネーム)する方法
Windows10で、たくさんのフォルダーやファイルを扱っていると、拡張子を一括で変更したい、接頭語を付けたい、連番を振りたいなど、フォ...

フォルダーやファイルを削除する

フォルダーやファイルを削除するときのコマンドは、次のとおりです。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトでフォルダーやファイルを削除するときは「rmdir」や「del」コマンドを利用します。

たとえば「E:¥folder_a」というフォルダーとその中身をすべて削除するときは、次のように実行し、削除の確認を省略するときは「/q」オプションを付加します。

> rmdir E:¥folder_a /s 

たとえば「E:¥folder_a」内のすべてのファイルを削除したいときは、次のように実行し、削除の確認を省略するときは「/q」オプションを付加し、サブフォルダーのファイルも削除したいときは「/s」オプションを付加します。

> del E:¥folder_a\*

また、ワイルドカード「*」を使って、特定のファイルを一括削除することもできます。

> del E:¥folder_a\*.txt

PowerShell

PowerShellでフォルダーやファイルを削除するときは「Remove-Item」コマンドレットを利用します。

たとえば「E:¥folder_a」フォルダーとその中身をすべて削除するときは、次のように実行します。

PS> Remove-Item E:\folder_a -Recurse

たとえば「E:¥folder_a」内のすべてのファイルを削除したいときは、次のように実行し、サブフォルダーを含めたいときは「Get-ChildItem」コマンドレットに「-Recurse」オプションを付加します。

PS> Get-ChildItem E:\folder_a -File | Remove-Item

また、ワイルドカード「*」を使って、特定のファイルを一括削除することもできます。

PS> Get-ChildItem E:\folder_a\*.txt -File | Remove-Item

あとがき

コマンドを使ったフォルダーやファイルの操作は、多数のフォルダーやファイルを一括で操作したいときに効果を発揮します。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ