Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

Windows10の標準日本語入力システム「Microsoft IME」には、効率よく文字入力するための機能として「予測入力」がありますが、予測入力だけでは思うような候補が表示されない場合があります。

そんなときに活用したい機能が「ユーザー辞書」です。

ユーザー辞書によく利用する単語や定型文などを登録しておけば、変換しづらい単語や人名などの変換時に一発で候補として表示させたり、少ないキー入力で定型文を入力できたりと、文字入力効率を上げることができます。

そこでここでは、Windows10のMicrosoft IMEで、ユーザー辞書へ単語を(一括)登録する方法や、登録したユーザー辞書をエクスポートする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1909

ユーザー辞書に単語を登録する

まず、デスクトップの任意の箇所を一度クリックして、文字入力が可能な状態にしてから、タスクトレイに表示されている「A」または「あ」を右クリックし、表示されるメニューから「単語の登録」をクリックします。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

「単語の登録」画面が開くので、最低限以下の項目に入力し「登録」をクリックします。

  • 単語 - 変換後の単語を入力します。
  • よみ - キー入力する文字列を入力します。
  • 品詞 - 登録する単語の品詞を選択します。

たとえば「かぶ」と入力して「株式会社」と一発で変換できるようにするには、以下の画像のように設定します。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

以上で、単語登録は完了です。

なお、登録した単語は、「単語の登録」画面左下の「ユーザー辞書ツール」をクリックすることで確認できます。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

ユーザー辞書に単語を一括登録する

ユーザー辞書に単語や定型文を一括登録する手順は、次のとおりです。

テキストファイルの準備

まず、登録したい単語や定型文を記述したテキストファイルを用意します。

テキストファイルには、登録したい単語や定型文を1行に一つずつ入力し、「よみ」「変換後の単語」「品詞」をタブ区切りで記述します。

品詞は「名詞」「人名」「地名その他」「短縮よみ」「顔文字」「固有名詞」などから指定できます。

テキストファイルの記述例は、次の画像をご覧ください。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

単語の入力が完了したら、テキストファイルの文字コードを「ANSI」または「UTF-16LE」で保存します。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

Memo

ここでは、メモ帳で作成していますが、たくさんの単語や定型文を登録するなら、エクセルなどの表計算ソフトで作成するのが便利です。

品詞の指定には注意が必要!

Windows10のMicrosoft IMEでは「よみ」の文字数が少ない単語を「名詞」で登録すると、自動的に「短縮よみ」として登録されてしまいます。

「短縮よみ」で登録された単語は、意図したとおりに変換されないことがよくあるため、個人的には、単語の品詞は「固有名詞」や「顔文字」で登録することをおススメします。

テキストファイルの取り込み

テキストファイルの準備ができたら、辞書ツールから読み込んで一括登録します。

まず、デスクトップの任意の箇所を一度クリックして、文字入力が可能な状態にしてから、タスクトレイに表示されている「A」または「あ」を右クリックし、表示されるメニューから「ユーザー辞書ツール」をクリックします。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

「ユーザー辞書ツール」画面が開くので、上部メニューの「ツール」から「テキストファイルからの登録」をクリックします。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

ファイルの選択画面が表示されたら、作成したテキストファイルを選択して「開く」をクリックします。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

テキストファイルからの登録が完了すると、結果画面が表示されるので失敗がないかを確認して「終了」をクリックします。

Memo

失敗個数が1以上の場合は「エラーログの出力」をクリックして、エラーログを確認することで、エラーの原因を確認することができます。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

以上で、テキストファイルに記述した単語がユーザー辞書に一括登録されます。

登録した単語は「ユーザー辞書ツール」画面に一覧表示されており、ダブルクリックして編集することもできます。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

変換確認

単語を登録したら、メモ帳などで登録した単語を入力して、スペースキーで変換してみてください。

登録した単語が、変換候補に表示されているはずです。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

登録した単語をエクスポートする

ユーザー辞書に登録した単語は、テキストファイルとしてエクスポートできます。

手順は「ユーザー辞書ツール」の「ツール」メニューから「一覧の出力」をクリックします。

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

Windows10のMicrosoft IMEでユーザー辞書を活用して効率よく日本語入力する方法

エクスポートしたファイルの内容

ユーザー辞書をテキストデータとして保存しておけば、他のIMEを利用するときもインポートして利用できる場合が多いので便利ですよ。

あとがき

「かぶ」と入力して「株式会社」に一発変換できるぐらいでは、あまりインパクトがありませんが、よく入力する単語や人名などで変換しづらい場合や、定型的な文章をよく入力しているなら、ユーザー辞書を活用すれば、文字入力が捗ること間違いなしです!

パッと思いつくだけでも、次のような単語登録が便利そうです。

  • 「よろ」と入力したら「よろしくお願いいたします。」に一発変換
  • 「めーる」と入力したら、自分のメールアドレスに一発変換

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。