Windows10のMicrosoft IMEで日付や時刻を素早く入力する

Windows10のMicrosoft IMEで日付や時刻を素早く入力する

Windows10で日本語を入力するとき「今日」や「明日」などの日時を、みなさんはどのように入力していますか?

直接「2020ねん9がつ…」などと入力している方も多いのではないでしょうか。

実は、日本語入力システムの多くは「きょう」「あす」「いま」などと入力して変換することで、西暦や和暦に変換したり、現在の時刻を入力したりできる機能が搭載されており、Windows10の標準日本語入力システムである「Microsoft IME」でも利用できます。

そこで、ここではWindows10の「Microsoft IME」を使って日時を素早く入力する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

日付を入力する

Windows10のMicrosoft IMEでは、予測入力機能を利用することで、素早く日付や時刻を入力できます。(予測入力機能は、デフォルトでオンになっています。)

たとえば、メモ帳などで「きょう」と入力すると、予測変換候補のリストに「2020年9月7日」と表示され、さらに「Tab」キーを押せば、和暦や曜日付きの日付など、いくつかのパターンで候補が表示されます。

Memo

予測変換の候補は、キー入力すると自動的に表示されるか「Tab」キーを押して表示させ、通常の変換時のようにキー入力後に「変換」キー(通常は「スペース」キー)を押すと表示されないのでご注意ください。

Windows10のMicrosoft IMEで日付や時刻を素早く入力する

Windows10のMicrosoft IMEで日付や時刻を素早く入力する

「きょうから」など、後ろに余計な文字を入力してしまうと、日付の候補が表示されないので注意しましょう。

Windows10のMicrosoft IMEで日付や時刻を素早く入力する

日付を入力できる文字としては「きょう」以外にも、次のような文字を利用できます。

変換したい日付 入力する文字
1日前の日付 きのう
2日前の日付 おととい
1日後の日付 あす/あした
2日後の日付 あさって
3日後の日付 しあさって
今月 こんげつ
前月 ぜんげつ
前々月 せんせんげつ
翌月 らいげつ
翌々月 さらいげつ
今年(今年の干支) ことし
去年(去年の干支) きょねん
来年(来年の干支) らいねん

現在の時刻を入力する

現在の時刻を入力したいときは「いま」と入力してみてください。

予測変換候補のリストに「0時48分」といった感じで現在の時刻が表示され、さらに「Tab」キーを押せば、12時制など、いくつかのパターンで候補が表示されます。

Windows10のMicrosoft IMEで日付や時刻を素早く入力する

Windows10のMicrosoft IMEで日付や時刻を素早く入力する

覚えておけば、日時の入力が素早く行えるようになりますね。

あとがき

Windows10のMicrosoft IMEを使いやすくする設定については、以下の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

Windows10の日本語入力機能(Microsoft IME)を使いやすく設定する
Windows10に標準搭載されている日本語入力機能「Microsoft IME」は、デフォルトの設定のままだと、少々使いづらい部分があ...

なお、上の記事で紹介しているMicrosoft IMEの設定画面は以前のバージョンのもので、Windows10バージョン2004のMicrosoft IMEと異なっているので、目次ベースでお役立てください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る