Windows10での作業効率化に役立つテクニック

Windows10での作業効率化に役立つテクニック

Windows10でさまざまな作業を行うとき、操作方法は一つとは限りませんが、今使っている方法は、もしかしたら効率の悪い方法かもしれません。

そこで、ここではWindows10バージョン2004で、作業効率をアップするのに効果的なおススメのテクニックを紹介します。

Windows10でおススメの標準搭載アプリ10選
Windowsに標準搭載されているアプリは、かつてはWindowsのおまけ程度で、使い勝手もイマイチという印象がありましたが、Windo...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

ショートカットキーを使いこなす

Windows環境では、さまざまな操作をマウス操作だけでなく、キー操作で実行(ショートカットキー)できるようになっており、ショートカットキーを使いこなすことで、作業効率を格段にアップできます。

どのようなショートカットキーがあるかは、以下の記事をご覧ください。

ショートカットキーでWindowsの操作を便利に
通常のWindowsの操作はマウスで事足りますが、よりすばやく目的の機能や操作を実行したいときにはショートカットキーを覚えておくと、効率...

素早く設定画面を表示する

Windows10の各種設定を行うとき、設定アプリやコントロールパネルを開くことが多いですが、スタートボタンを右クリックすると、よく利用する項目のいくつかがテキストメニューで表示されます。

Windows10での作業効率化に役立つテクニック

これを活用すれば、目的の機能により素早くアクセスすることができます。

ちなみに、ここに表示されるメニューはカスタマイズすることもできます。カスタマイズ方法は、以下の記事をご覧ください。

Windows10のクイックアクセスメニューをカスタマイズする方法
Windows10では、スタートボタンを右クリックする(「Windows」キー+「X」キーを押す)と、よく利用されるツールをまとめたクイ...

素早くシャットダウン・再起動する

Windows10ではスタート画面や、ロック画面などさまざまな場所からシャットダウンや再起動ができますが、素早く行いたいときは、シャットダウンや再起動するためのショートカットを作成しておくのがおススメです。

ショートカットを作成しておけば、ショートカットを実行するだけで、シャットダウンや再起動、サインアウトを素早く行えます。

Windows10を最速でシャットダウン・再起動・ログオフさせる方法
Windows10には、シャットダウン・再起動・ログオフ(サインアウト)する方法が以下のように何通りもあります。 スタートメニュ...

素早くロック・スリープする

離席などでWindows10をロックしたいときや、Windows10をスリープさせたいときも、スタート画面などから行うよりも、ロックやスリープするためのショートカットを作成しておけば、それらの操作を素早く行えます。

Windows10で「ロック」用ショートカットを作成する方法
Windows10で一時的に席を離れるときに便利な「ロック」ですが、マウス操作でロックしたい場合、一般的にはスタート画面を開いてアカウン...
Windows10で「スリープ」用ショートカットを作成する方法
Windows10で現在の状態を維持したまま、一時的にマシンをオフにしたいときの機能として「スリープ」機能があります。 Windows...

タスクバーを使いこなす

Windows10のタスクバーには、よく使うアプリをピン留めして素早く起動できるようにしたりなど、自分の好みに合わせて使いやすく設定することができます。

Windows10のタスクバーを上手に使いこなす方法
Windows環境で、ファイルやアプリを素早く開くためのツールとして「アプリランチャー」を利用されている方、結構いらっしゃるのではないで...

クリップボードを使いこなす

Windows10のクリップボードは進化しており、かつてはサードパーティーのクリップボード拡張アプリがないとできなかった履歴の保持ができるようになっており、「Windowsキー+V」でカンタンにクリップボード履歴から貼り付けるといった操作ができます。

また、他のデバイスとクリップボードの内容を同期させることもできます。

Windows10のクリップボードは履歴を保持できます。
Windows10では、半年ごとの機能アップデートのたびに新たな機能も追加されてきましたが、機能アップデートで追加された機能は、意外と知...

タスクビューを使いこなす

Windows10のタスクビューからは、仮想デスクトップの作成や切り替え、過去に作業していたファイルを日付ごとに確認したりできます。

https://4thsight.xyz/9207

仮想デスクトップを使いこなす

Windows10では、Linux環境のワークスペースのような「仮想デスクトップ」機能が搭載されており、作業領域を広げたり、たくさんのアプリを切り替えて利用したいときなどにとても便利です。

Windows10でデスクトップを広く使うなら「仮想デスクトップ」を活用しよう。
Linuxにはワークスペースという仮想デスクトップ機能がありますが、それと同じようにWindowsでも10から「仮想デスクトップ」機...

素早くウィンドウを操作する

Windows10では、デスクトップ上のウィンドウのサイズ変更や最小化などを素早く行うために「スナップ」や「シェイク」という機能があり、使いこなすことでウィンドウのサイズ変更・整列・最小化を素早く行うことができます。

Windows10でウィンドウのサイズ変更・整列・最小化を素早く行うには
Windows10には、ウィンドウのサイズ変更や最小化などを素早く行うために「スナップ」や「シェイク」という機能があります。 ここでは...

素早くデスクトップを表示する

デスクトップの右下隅(通知アイコンの右側)には秘密のボタンがあり、クリックすると開いているウィンドウをすべて最小化し、デスクトップが表示されます。

Windows10での作業効率化に役立つテクニック

デスクトップにあるショートカットを起動したい場合や、開いているウィンドウを素早く最小化したいときに役立ちます。

また、このボタンを右クリックして「デスクトップのプレビュー」にチェックを入れておけば、このボタンの上にマウスを移動したときに、開いているウィンドウを透明化してデスクトップをプレビュー表示することもできます。

Windows10での作業効率化に役立つテクニック

アイコンのサイズを微調整する

超高解像度のディスプレイなどで作業していると、デスクトップのアイコンが小さいと感じることがあります。

そのようなときは、デスクトップのなにもないところをクリックし[Ctrl]キーを押しながらマウスホイールを回転させると、任意の大きさにアイコンサイズを変更できます。

Windows10でデスクトップアイコンのサイズを微調整する方法
最近では、ディスプレイの大きさも色んな種類があるため、デスクトップアイコンのサイズもディスプレイの大きさや好みに応じて柔軟に変更できると...

フォルダーやファイルのパスを取得する

デスクトップ上にあるフォルダーやファイルのパスを取得したい場合、エクスプローラーを起動して、デスクトップフォルダーを開いて該当のフォルダーやファイルのパスを取得するのは面倒ですよね。

そんなときは、対象のフォルダーやファイルを選択した状態で、[Shift]キーを押しながら右クリックし、メニューから「パスのコピー」を選択することで、対象のフォルダーやファイルのフルパスをコピーできます。

Windows10での作業効率化に役立つテクニック

音声入力を活用する

Windows10では、音声入力でWindowsを操作したり、Wordなどのアプリでは、音声で文章を入力したりといったことができます。

これまでの、キーボードやマウスを使った操作・入力に加えて、音声入力も使いこなせば、状況によっては、より効率の良い操作・入力方法の選択肢となるでしょう。

Windows10を音声で操作したり、音声で文章を入力する方法
Windows10での音声アシスタント機能といえば「Cortana」ですが、それ以外にもマイクからの音声で、Windows10を操作した...

夜間モードで目の疲れを軽減する

パソコンでの作業が多くなると目の疲れが気になるという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方におススメしたいのが「夜間モード」機能で、本機能を利用することで液晶画面からのブルーライトを軽減して、パソコンでの長時間作業による目の疲れなどを軽減することができるでしょう。

Windows10で目の疲れが気になるなら「夜間モード」を活用しましょう。
パソコンやスマートフォンなどの液晶画面からは、強いブルーライトが出ており、ブルーライトを長時間浴びていると「視力障害」や「睡眠障害」を引...

あとがき

ここで紹介した方法で、Windows10での作業効率を格段にアップさせることができます。

是非お試しください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る