Windows10のスタート画面からタイルを消してスッキリさせる方法

Windows10のスタート画面には、初期状態でいくつかストアアプリがタイルとして表示されています。

よく利用するアプリやフォルダーを、スタート画面にタイルとしてピン留めしておくと、アプリやフォルダーに素早くアクセスでき、アプリの情報を表示させることもできて便利ではありますが、普段からタイルを利用していない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方にとっては、スタート画面に表示されているタイルが邪魔に感じることもあるでしょう。

そこで、ここではWindows10のスタート画面にタイルを表示させない方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

スタート画面のタイルを消す方法

初期状態では、以下のようにスタート画面右側にタイルがいくつか並んでします。

表示されているタイルを消す手順は簡単で、消したいタイルを右クリックしてメニューから「スタート画面からピン留めを外す」をクリックします。

すると、対象のタイルが表示されなくなります。

タイルを一気に消したいときや、タイルを右クリックしてもメニューが表示されないときは、タイルのグループ名(下の画像では「仕事効率化」や「探る」)を右クリックして「スタートからグループのピン留めを外す」をクリックすれば、グループ内のタイルを一気に消すことができます。

すべてのタイルを消すと、右側のタイルが表示されていた部分は不要になるので、一度スタート画面を閉じて、再度スタート画面を表示すれば、タイルが表示されていた部分がなくなり、スタート画面がすっきりします。

なお、スタート画面を開き直しても、タイル部分が消えない場合は、ウィンドウの大きさを変えるときと同じ要領で、スタート画面の右端を左側にドラッグすることで、スタート画面の大きさを変えることができます。

あとがき

タイルを普段利用していないという方は、ここで紹介した方法で、スタート画面をすっきりとさせることができますよ。

また、スタート画面にタイルを表示させないようにする方法としては、ここで紹介している手作業以外では、グループポリシーやレジストリ設定による方法もあるようです。

複数台のWindows10マシンで、タイルを非表示にしたいといった場合は、グループポリシーやレジストリ設定による方法を検討したほうが良いでしょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る