Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

Windows10では、サインインしている状態では「次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切る」に設定した時間でディスプレイの電源が切れますが、ロック時は、ここでの設定に関わらず1分経つと自動的にディスプレイの電源が切れてしまいます。

この「ロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間(1分)」は、通常は変更することができませんが、環境によってはこの時間を変更したいことがあります。

そこで、ここではWindows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法を紹介します。

Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法
Windows10では、PCを一定時間操作していないと自動的にディスプレイの電源が切れるよう設定することができます。 この設定により、...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

事前準備

ロック時にディスプレイの電源がオフになるまでの時間を変更するには、電源の詳細設定にある「コンソールロックディスプレイオフのタイムアウト」で設定する必要がありますが、この設定項目はデフォルトでは非表示になっており、事前に以下の手順を実施して、設定項目を表示させる必要があります。

手順は、次のとおりです。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99\8EC4B3A5-6868-48c2-BE75-4F3044BE88A7" /v Attributes /t REG_DWORD /d 2 /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されていればOKです。

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

以上で、事前設定は完了です。

Memo

設定をデフォルト値に戻すときは、同じく管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99\8EC4B3A5-6868-48c2-BE75-4F3044BE88A7" /v Attributes /t REG_DWORD /d 1 /f

設定の変更方法

上の事前準備が済んだら、以下の手順で設定を変更します。

スタートメニューなどから、Windowsの「設定」アプリを開き、一覧から「システム」を選択します。

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

「システム」画面が開いたら、画面左側のメニューから「電源とスリープ」を選択してから「関連設定」にある「電源の追加設定」をクリックします。

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

「電源オプション」画面が開くので、現在利用している電源プランの横に表示されている「プラン設定の変更」をクリックします。

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

「プラン設定の編集」画面が開くので「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

「電源オプション」の詳細設定画面が開くので「ディスプレイ」を展開し「コンソールロックディスプレイオフのタイムアウト」の値を設定して「OK」をクリックします。

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

以上で、ロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更することができます。

あとがき

ディスプレイの機種によっては、電源が切れると復帰までに時間が掛かることがあり、そのような不便を感じているなら、設定を変更してみるとよいでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ