Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

Windows10では、一定時間なにもしていないと自動的にディスプレイを消灯してくれる機能がありますが、今すぐディスプレイを消灯したい場合は、多くの方はディスプレイの電源ボタンを押して切っているのではないでしょうか。

しかし、ディスプレイの電源ボタンを押して切ると、利用を再開するとき、ディスプレイの電源ボタンを押して電源を入れ直す必要があり、少々面倒です。

そこで、おススメしたいのが起動するだけでディスプレイをすぐに消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」です。

ここでは、Windows10で「Sordum Monitor Off」を利用する方法を紹介します。

Windows10でタスクトレイから画面の明るさを調整できる「Twinkle Tray」
Windows10を利用していて画面の明るさを調節したいとき、たいていはディスプレイの調節ボタンを押して調節することが多いと思いますが、...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2
Sordum Monitor Off1.1

「Sordum Monitor Off」とは

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

Sordum Monitor Off v1.1

「Sordum Monitor Off」は、起動するだけでディスプレイを消灯してくれる寄付歓迎のツールで、無料で利用できます。

また、オプションを設定することで、消灯と同時にWindowsをロックしたり、キー操作やマウス操作をロックするといったこともできます。

「Sordum Monitor Off」の基本的な使い方

「Sordum Monitor Off」は、以下の公式ページ中ほどにある「Download」ボタンをクリックすることでダウンロードできます。

Sordum Monitor Off v1.1

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

ダウンローしたZIPファイル「MonitorOff.zip」は、解凍すればすぐに利用を開始でき、インストールする必要はありません。

基本的な使い方はとても簡単で、解凍したフォルダー内の「MonitorOff.exe」または 「MonitorOff_x64.exe」を実行すると、ディスプレイが消灯します。

ディスプレイ消灯後は、マウスまたはキーボード操作すると、ディスプレイがオンに戻ります。

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

フォルダー内の「_MonitorOff_Config.vbs」を実行するとOptions画面が表示され、ディスプレイを消灯さるときの動作を設定できます。

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

  • Lock current user account when screen turns off - ディスプレイが消灯したときに、現在のユーザーアカウントをロックします。
  • Mute sound when screen turns off - ディスプレイが消灯したときに、音を消します。
  • Block keyboard when screen turns off - ディスプレイが消灯したときに、キーボード操作をブロックします。
  • Block mouse when screen turns off - ディスプレイが消灯したときに、マウス操作をブロックします。
  • Press Ctrl + Alt + DEL to turn screen on - Ctrl+Alt+Del キーを押してディスプレイをオンにします。
  • Automatically start with windows startup - Windows 起動時に自動で本ソフトを起動します。
  • Create a shortcut to the desktop - デスクトップにショートカットアイコンを作成します。

パラメータを指定して実行する

「Sordum Monitor Off」では、実行ファイルにパラーメータを指定してディスプレイ消灯時の動作を設定することもできます。

パラメータを指定するときは、バッチファイルとして作成したり、MonitorOff.exeのショートカットを作成して、ショートカットのプロパティ画面で指定することができます。

たとえば、ショートカットのプロパティ画面で、「リンク先」に記載されている実行ファイルの後ろに「/OFF /LOCK」というパラメータを付加することで、そのショートカットを実行すると、ディスプレイの電源をオフにすると同時にWindowsをロックすることができます。

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

利用できるパラメータは、以下のとおりです。

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

パラメータを利用すれば、いろんな動作パターンのショートカット作成して、状況に合わせて使い分けるといったこともできるでしょう。

ショートカットキーで実行する

作成したショートカットをショートカットキーから実行できるようにすれば、ショートカットキーを押してディスプレイを消灯するといった設定できます。

Windows10で起動するだけですぐにディスプレイを消灯してくれるツール「Sordum Monitor Off」

Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法
Windows10では、PCを一定時間操作していないと自動的にディスプレイの電源が切れるよう設定することができます。 この設定により、...

あとがき

「Sordum Monitor Off」はとてもシンプルなツールですが、任意のタイミングでサクッとディスプレイを消灯できるのは、意外と重宝します。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ