Windows10でファイルの縮小(サムネイル)表示をオフにする方法

Windows環境には、ファイルを開かずに内容を把握できる「縮小(サムネイル)表示」機能が搭載されており、画像ファイル・動画ファイル・Office形式ファイルなどを縮小表示することができます。

縮小表示できると、たくさんのファイルを確認したい場合でも、ファイルと開いて確認する手間がなくとても便利ではありますが、逆を返せば、ファイルを開かずにおおよその中身を確認できてしまうことが、セキュリティ的なリスクとなる場合もあるでしょう。

そこで、ここではWindows10でファイルの縮小(サムネイル)表示をオフにする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

ファイルの縮小(サムネイル)表示をオフにする

まず、エクスプローラーを起動し「ピクチャ」フォルダーなどへ移動してみましょう。

デフォルトでは、以下のように画像ファイルが縮小表示されています。

ファイルの縮小(サムネイル)表示をオフにしてアイコン表示にする手順は、次のとおりです。

エクスプローラーの上部メニューから「表示」をクリックし、表示されるメニューから「オプション」をクリックします。

すると「フォルダーオプション」画面が表示されるので「表示」タブをクリックします。

「詳細設定」を下へスクロールすると「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」という設定項目があるので、チェックをオンにして「OK」をクリックします。

以上で、ファイルは縮小(サムネイル)表示されず、アイコン表示されるようになります。

なお、縮小表示に戻したいときは、先ほどの「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」という設定項目のチェックをオフにすれば、元に戻ります。

あとがき

Windows10を会社で利用している場合で、ファイルの縮小表示による利便性よりもセキュリティを重視したい場合には有効な手段ではないでしょうか。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る