Windows10:サムネイル(縮小表示)のキャッシュが削除されないようにする

Windows10では、ファイルの内容をサムネイル(縮小)表示できます。これにより、写真や動画ファイルなどのメディアファイルの中身を開かなくてもおおよそ内容を把握でき、とても便利な機能です。

また、サムネイル表示するためのデータは、サムネイルキャッシュとして保存されており、キャッシュを再利用することで次回以降のサムネイル表示を高速化してくれています。

このように、サムネイル表示はとても便利な機能ですが、Windows10バージョン1709以降では、このサムネイルのキャッシュデータがWindowsにより頻繁に自動削除されてしています。

これにより、サムネイルの作成が頻繁に行われるようになり、結果サムネイル表示が遅くなってしまいます。

そこで、ここではサムネイルキャッシュが削除されてないように設定して、サムネイル表示が遅くならないようにする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

サムネイルキャッシュの削除仕様

サムネイルのキャッシュデータは「%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer」フォルダーに格納されています。

Windows10バージョン1709以降では、タスクスケジューラに登録されている「SilentCleanup」タスクがPCのアイドル時に実行されて、このサムネイルのキャッシュデータを削除しています。

サムネイルキャッシュを削除しないようにする

そこで、SilentCleanupタスク実行時にサムネイルキャッシュを削除しないように設定することで、サムネイル表示が遅くなることを防ぐことができます。

設定方法は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して次にコマンドを実行します。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 0 /f

64ビット版のWindows10では次のコマンドも実行します。

reg add "HKLM\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 0 /f

あとは、PCを再起動すれば、サムネイルキャッシュの削除を防ぐことができます。

設定を戻す場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して次にコマンドを実行します。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 3 /f

64ビット版のWindows10では次のコマンドも実行します。

reg add "HKLM\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Thumbnail Cache" /v Autorun /t REG_DWORD /d 3 /f
Memo

なお、元の設定値はWindows10のバージョンにより異なるようなので注意します。ちなみにバージョン1809では既定値は「3」です。

あとがき

レジストリ設定を変更するWindowsのカスタマイズは、Windowsの操作に慣れていない方は注意してください。

誤ったレジストリキーを削除したり変更したりするとWindows自体が起動できなくなったりします。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る