ESXi上のCentOS仮想マシンにopen-vm-toolsをインストールする

ESXi上のCentOS仮想マシンにopen-vm-toolsをインストールする

これまで、ESXi環境のLinux仮想マシンには、製品にバンドルされている「VMware Tools」を導入していましたが、最近はバンドルされている「VMware Tools」ではなく、オープンソース版の「open-vm-tools」の利用が推奨されているようです。

ここでは、ESXi上で稼働しているCentOS6・Centos7の仮想マシンに「open-vm-tools」をインストールする方法について紹介します。

yumで簡単にインストールできる上、オペレーティング システムの更新と同じように更新できるため個別に更新する面倒がなくなるので、おすすめです。

Memo

以下の記事によると「open-vm-tools」を導入している仮想マシンもVMwareのサポート対象なので安心です。

VMware による open-vm-tools のサポート

手順

CentOS6の場合

インストールコマンドは以下のとおりです。

# yum --enablerepo=extras install epel-release
# yum -y install open-vm-tools

インストール完了したら、自動起動設定をして起動します。

起動したら念のため、起動していることを確認しておきましょう。

# chkconfig vmtoolsd on
# service vmtoolsd start
# service vmtoolsd status
Memo

OS起動時に「Failed VGAuthService startup」とエラーが出たときは「/var/run/vmware」ディレクトリを作成します。

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1442412

CentOS7の場合

インストールコマンドは以下のとおりです。

# yum -y install open-vm-tools

インストールが完了したら、自動起動設定をして起動します。

起動したら念のため、起動していることを確認しておきましょう。

# systemctl enable vmtoolsd.service
# systemctl start vmtoolsd.service
# systemctl status vmtoolsd.service

あとがき

これまで製品にバンドルされている「VM-Tools」をインストールするときは、ウィザード形式で少し面倒でしたが、これで運用か少し楽になります。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ