Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する方法

Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する方法

Hyper-V上に「Ubuntuデスクトップ21.10」の仮想マシンを作成した場合、デフォルトでは画面の解像度が1024x768などに固定されてしまい変更することができません。

そこでここでは、Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで、画面解像度を変更する方法を紹介します。

Ubuntuデスクトップ21.10のインストール手順
ここでは、パソコン用のOSとしてLinuxを選択する場合のおススメのディストリビューション「Ubuntu デスクトップのインストール手順を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のソフトウェアやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Hyper-V(Windows10)21H2
Ubuntu Desktop21.10

画面解像度を変更する方法

Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する手順は、次のとおりです。

まず、Ubuntuにログインして「端末(ターミナル)」アプリを起動します。

Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する方法

「端末」アプリを起動したら、以下のコマンドを順に実行します。

$ sudo apt update
$ sudo apt install linux-tools-generic linux-cloud-tools-generic

パッケージのインストールが完了したら、Ubuntuを再起動します。

$ sudo reboot

Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する方法

再起動したら、ログインして再び「端末」アプリを起動し、以下のコマンドを実行し「/etc/default/grub」ファイルを編集します。

$ sudo gedit /etc/default/grub

編集箇所は「GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=」行で、行の末尾に解像度を指定する記述を追記します。

たとえば、解像度として1280x720を指定したいときは、以下のように追記します。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="・・・ video=hyperv_fb:1280x720"

Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する方法

追記したらファイルを上書き保存して「端末」アプリに戻り、以下のコマンドを実行します。

$ sudo update-grub

Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する方法

コマンドが正常に完了したら、Ubuntuを再起動します。

$ sudo reboot

以上で、指定した解像度で画面が表示されるはずです。

Hyper-V上のUbuntuデスクトップ21.10仮想マシンで画面解像度を変更する方法

あとがき

最近では、WSL(Windows Subsystem for Linux)が使いやすくなってきて、Hyper-VでLinuxの仮想マシンを構築することも少なくなってきていますが、誰かのお役に立てれば幸いです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。