CentOS7:プロキシー設定あれこれ

社内環境などで、プロキシサーバー経由で通信する必要がある場合、利用するソフトウェアによりプロキシー設定が必要になります。

ここでは、CentOS7の代表的なソフトウェアで、プロキシーを設定する方法について紹介します。

OS(オペレーティングシステム)

vim /etc/profile.d/proxy.sh

PROXY=proxy.example.com:8080

# 認証が必要なプロキシーの場合
PROXY=<username>:<password>@proxy.example.com:8080

export http_proxy=http://$PROXY
export HTTP_PROXY=http://$PROXY
export https_proxy=https://$PROXY
export HTTPS_PROXY=https://$PROXY
export no_proxy=127.0.0.1,localhost
export NO_PROXY=127.0.0.1,localhost

yum

vim /etc/yum.conf

proxy=http://proxy.example.com:8080

#認証が必要なプロキシーの場合
proxy_username=<username>
proxy_password=<password>

wget

vim /etc/wgetrc

http_proxy=http://proxy.example.com:8080/
https_proxy=https://proxy.example.com:8080/

#認証が必要なプロキシーの場合
proxy_user=<username>
proxy_password=<password>

cURL

vim /etc/curlrc

proxy=http://proxy.example.com:8080

#認証が必要なプロキシの場合
proxy-user=<username>:<password>
スポンサーリンク