ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

ChromeOS(Chromebook クロームブック)で図形やイラストを描きたい場合、利用できるアプリやサービスがいくつかあります。

そこでここでは、ChromeOS(Chromebook)で図形やイラストを描くときにおすすめの描画アプリ(サービス)を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のバージョンなどでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Chrome OS Flex102.0.5005.125

Chrome描画キャンバス

「Chrome描画キャンバス」は、Googleが提供するWebアプリで、ChromeOS(Chromebook)では、アプリランチャーに登録されており、簡単に起動できます。

Chrome描画キャンバスを起動すると、以下のような画面が表示され、画面左側に用意された4種類のペンやレイヤー機能、画像の取り込み機能が利用できます。

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

描いた絵は、Googleアカウントと同期され、Chrome描画キャンバスを起動すると履歴として表示され、いつでも再編集が可能です。

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

また、描いた絵は画像ファイル(PNG形式)としてダウンロードすることもできます。

Google図形描画

「Google図形描画」は、Googleが提供するWebアプリで、ChromeOS(Chromebook)では、Chromeウェブストアからインストールして、Chromeブラウザ上で利用します。

Google図形描画 | chromeウェブストア

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

Google図形描画を起動すると、Chromeブラウザ上に以下のような画面が表示され、図形や線/矢印/写真/テキスト/表/グラフ/ワードアートといったように、さまざまなオブジェクトを挿入できます。

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

図形などを描いたキャンバスは、Googleドライブに自動的に保存され、画像ファイル(JPEG,PNG,SVG)やPDFファイとして保存することもできます。

AutoDraw

「AutoDraw」は、手描きのイラストを人工知能(AI)が判別して、プロが描いたようなイラストに描き直してくれるGoogleが提供しているWebサービスです。

AutoDraw

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

使い方は簡単で、画面上に手描きでイラストを描くと、画面上部に候補が表示され、マッチする選択肢をクリックすると、あっという間にプロが描いたようなイラストに変換してくれます。

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

ChromeOS(Chromebook)でおすすめの描画アプリ

なお、イラストは画像ファイル(PNG形式)としてダウンロードすることもできます。

あとがき

ここで紹介した3つのアプリやサービスを使い分ければ、基本的な描画で困ることはほとんどないのではないでしょうか。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。