Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

Chrome OS(Chromebook クロームブック)での日本語入力では、以下のような利用すると便利な機能があるのをご存じでしょうか。

  • ショートカットキー
  • ユーザー辞書
  • 絵文字
  • 手書き入力
  • 音声入力

そこでここでは、Chrome OS(Chromebook)の日本語入で、ショートカットキーやユーザー辞書、絵文字、手書き入力、音声入力を活用して、効率よく日本語を入力する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のバージョンなどでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Chrome OS Flex102.0.5005.91

ショートカットキーを利用する

Chrome OS(Chromebook)での日本語入力/変換を効率よく行う上で、まず覚えておきたいのがショートカットキーです。

以下に主だったショートカットキーを紹介します。

操作ショートカットキー
入力言語を切り替えるCtrl+Shift+スペース
シフトロックする(CapsLock)Alt+検索
変換するスペース
サジェスト候補を表示するTab
ひらがなに変換する検索+6, Ctrl+U
カタカナに変換する検索+7, Ctrl+I
半角カタカナに変換する検索+8, Ctrl+O
全角英数に変換する検索+9, Ctrl+P
半角英数に変換する検索+0, Ctrl+T

また、長い文章を入力するときなどは、以下に挙げるショートカットキーも活用すれば、誤変換を気にせずガンガン入力できます。

説明ショートカットキー
文節を移動する左右の矢印キー
最初の文節に移動するCtrl+A, Ctrl+左矢印キー
最後の文節に移動するCtrl+F, Ctrl+右矢印キー
文節の区切りを調節するShiftキー+左右の矢印キー
文節単位で変換を確定するCtrl+下矢印キー
左の文節を選択するCtrl+S, 左矢印キー
右の文節を選択するCtrl+D, 右矢印キー

なお、WindowsパソコンにインストールしたChrome OS Flexでは、若干利用できるショートカットキーが異なるので、詳しくは以下の記事をご参照ください。

WindowsパソコンにインストールしたChrome OS Flexで使えるショートカットキー
ここでは、Windows向けパソコンの日本語キーボードで、Chrome OS Flexを操作するときのショートカットキーを紹介します。

ユーザー辞書を登録する

Chrome OS(Chromebook)の日本語入力では、変換しづらい漢字や定型文などをユーザー辞書に登録しておくことで、効率よく日本語を入力できるようになります。

ユーザー辞書に単語を登録する手順は、次のとおりです。

まず、シェルフ右端の時計をクリックして、ステータストレイから「設定」アイコンをクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

「設定」アプリが起動するので、左側のメニューから「言語と入力方法」を選択し、画面右側から「入力とキーボード」をクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

「入力とキーボード」画面が表示されるので「入力方法」>「日本語」の横にあるリンクボタンをクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

「日本語入力の設定」ページが表示されるので「ユーザー辞書の管理」をクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

ユーザー辞書の登録画面が表示されるので、まず「辞書」列に辞書の名前を入力します。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

つぎに、登録したい単語や定型文を入力し、登録し終えたら右下の「完了」をクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

ユーザー辞書に登録すると、以下のように変換時に候補として表示されるようになります。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

一括登録したいときは

単語や定型文をたくさん登録したい場合は、1件だけ手動で入力したあとに、画面下部のエクスポートをクリックし、いったんファイルとして出力します。

つぎに、出力したファイルをテキストエディターで開いて、登録したい単語や定型文を1件目の書式に合わせて入力します。

最後に、作成したファイルを画面下部のインポートをクリックして読み込ませれば一括登録できます。(ちなみに、MS-IMEでエクスポートしたファイルを直接インポートすることもできるようです。)

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

絵文字を入力する

Chrome OS(Chromebook)では、絵文字の入力機能が搭載されており、テキストの入力欄でショートカットキー「検索+Shift+スペース」を押すか、右クリックメニューから「絵文字」を選択することで、以下のような絵文字の選択画面が表示され、さまざまな表情の絵文字を入力できます。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

手書きで入力する

Chrome OS(Chromebook)の日本語入力では、読み方が分からない漢字などを手書きで入力することもできます。

手書き入力を行う手順は、次のとおりです。

まず「設定」アプリを起動して、左側のメニューから「ユーザー補助機能」を選択し、画面右側から「ユーザー補助機能の管理」をクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

「ユーザー補助機能」画面が表示されるので「キーボードとテキスト入力」セクションから「画面キーボードを有効にする」をオンにします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

画面下部にキーボードが表示されるので、キーボード上部のメニューから「手書き」アイコンをクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

手書きの入力欄が表示されるので、手書きで文字を入力することで最有力の候補が自動的に入力され、そのほかの候補は、手書き入力欄の上部から選択できます。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

なお、画面キーボードをとじたいときは、右下のアイコンをクリックすることで、キーボードをシェルフに最小化できます。

Chrome OS(Chromebook)で効率よく日本語を入力する方法

音声で入力する

Chrome OS(Chromebook)では、内蔵または外付けのマイクが利用できる場合、音声で文章を入力したり編集することもできます。

音声入力の方法は、以下の記事をご覧ください。

Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力する方法
ここでは、Chrome OS(Chromebook クロームブック)で音声からテキストを入力したり、テキストを音声で編集する方法を紹介します。

あとがき

ここで上げた機能を上手に活用すれば、Chrome OS(Chromebook)での日本語入力を、スムーズかつスピーディーに行えると思いますよ。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。