CentOS7でインストールメディア(DVD)からパッケージをインストールする方法

クローズドネットワークなどで、インターネット上のyumリポジトリミラーサイトに接続できない環境のCentOS7マシンでは、パッケージをインストールする場合、ローカルネットワーク上にyumリポジトリサーバーを構築するか、インストールDVDを使ってマシン上にyumリポジトリを設定することで、パッケージをインストールすることができます。

ここでは、インストールDVDをローカルのyumリポジトリとして設定し、パッケージをインストールする手順を紹介します。

なお、ローカルネットワーク上にyumリポジトリサーバーを構築する方法は、以下の記事で紹介しています。

CentOS7用のyumリポジトリサーバーをローカルネットワーク上に構築する方法
複数のCentOS7マシンを稼働させていると、インターネット経由での更新によるネットワーク帯域の消費が気になる場合があります。そんな...

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のディストリビューションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
CentOS(Minimal) 7.6.1810

ローカルyumリポジトリの作成手順

インストールメディアの作成

CentOS7のインストールメディアは、以下に挙げる種類が用意されています。通常の用途であれば「DVD ISO」をダウンロードして、DVDに焼いておけば問題ないでしょう。

  • CentOS-7-x86_64-DVD-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-Everything-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-LiveGNOME-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-LiveKDE-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-Minimal-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-NetInstall-1810.iso

インストールメディアは、以下のWebサイトから入手できます。

CentOS Project | Download CentOS

インストールメディアのマウント

「DVD ISO」をDVDに焼いたら、DVDドライブにセットし、以下のコマンドでマウントします。

# mkdir /media/CentOS
# mount /dev/dvd /media/CentOS

デバイスがcdromとして認識されている場合は、以下のようにマウントします。

# mount /dev/cdrom /media/CentOS

マウントを実行したら、正常にマウントされているか「/media/CentOS」内を参照してみます。

# ls -f /media/CentOS
合計 686
-rw-rw-r--. 1 root root 14 11月 26 01:01 CentOS_BuildTag
drwxr-xr-x. 3 root root 2048 11月 26 01:20 EFI
-rw-rw-r--. 1 root root 227 8月 30 2017 EULA
-rw-rw-r--. 1 root root 18009 12月 10 2015 GPL
drwxr-xr-x. 2 root root 2048 11月 26 01:20 LiveOS
drwxrwxr-x. 2 root root 663552 11月 26 08:52 Packages
-rw-rw-r--. 1 root root 1690 12月 10 2015 RPM-GPG-KEY-CentOS-7
-rw-rw-r--. 1 root root 1690 12月 10 2015 RPM-GPG-KEY-CentOS-Testing-7
-r--r--r--. 1 root root 2883 11月 26 08:54 TRANS.TBL
drwxr-xr-x. 3 root root 2048 11月 26 01:21 images
drwxr-xr-x. 2 root root 2048 11月 26 01:20 isolinux
drwxrwxr-x. 2 root root 4096 11月 26 08:53 repodata

repoファイルの作成

マウントしたDVD用のrepoファイルは、デフォルトで「/etc/yum.repos.d/CentOS-Media.repo」として用意されているので、新規で作成する必要はありませんが、万が一、repoファイルがない場合は、次のように作成します。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Media.repo

[c7-media]
name=CentOS-$releasever - Media
baseurl=file:///media/CentOS/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7

以上で設定は完了です。

ほとんどの場合、インストールメディアをマウントすればすぐに利用できると思います。

DVDからパッケージをインストール

動作確認として、DVDからパッケージをインストールしてみます。

ここでは、例として「ZIP」パッケージをDVDからインストールしてみます。

# yum --disablerepo=* --enablerepo=c7-media -y install zip

読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * c7-media: 
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ zip.x86_64 0:3.0-11.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

=============================================================================
 Package           アーキテクチャー   バージョン     リポジトリー       容量
=============================================================================
インストール中:
 zip               x86_64             3.0-11.el7     c7-media           260 k

トランザクションの要約
=============================================================================
インストール  1 パッケージ

総ダウンロード容量: 260 k
インストール容量: 796 k
Downloading packages:
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : zip-3.0-11.el7.x86_64                        1/1 
  検証中                  : zip-3.0-11.el7.x86_64                        1/1 

インストール:
  zip.x86_64 0:3.0-11.el7

完了しました!

上のように正常にインストールできていればOKです。

なお、パッケージのインストールが終了し、ドライブからDVDを取り出す際は、アンマウントしてからDVDを取り出すようにしましょう。

# umount /media/CentOS

あとがき

ちなみに、マウントしたインストールDVDから、インストールしたいrpmパッケージを直接指定してインストールすることもできますよ。

# yum install /media/CentOS/Packages/xxxxxx.rpm
おすすめコンテンツ:
トップへ戻る