Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力する方法

Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力する方法

Chrome OS(Chromebook クロームブック)では、物理キーボードやソフトウェアキーボードを使ってテキストを入力する以外に、音声からテキストを入力することもできます。

そこでここでは、Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力したり、音声でテキストを編集する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のバージョンなどでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Chrome OS Flex102.0.5005.75

音声入力を有効化する

音声入力機能はデフォルトでは無効化されているので、まずは有効化します。

シェルフ右下の時計をクリックして、ステータストレイから「設定」アイコンをクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力する方法

設定アプリが表示されるので、画面左側で「詳細設定」>「ユーザー補助機能」を選択して、画面右側で「ユーザー補助機能の管理」をクリックします。

Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力する方法

ユーザー補助機能の管理画面が表示されるので「キーボードとテキスト入力」セクションにある「音声入力を有効にする」をオンに設定します。

Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力する方法

以上で、シェルフの右端あたりにマイクアイコンが表示されるようになり、音声入力が可能となります。

Chrome OS(Chromebook)で音声からテキストを入力する方法

音声でテキストを入力する

ここでは例として、デフォルトでインストールされているテキストエディタ「Text」を使って、音声でテキストを入力してみます。

テキストエディタ「Text」を起動して、テキストを入力できる状態でシェルフに表示されているマイクアイコンをクリックするか、ショートカットキー「検索+D」を押すことで、音声入力が開始できます。

ちなみに、テキストエディター以外にも検索ボックスなどのテキスト入力が可能な部分であれば音声入力が可能です。

音声コマンドでテキストを編集する

音声入力では、話しかける音声でテキストを編集することもできます。

音声操作
〇〇〇〇を入力話したテキストを入力する
すべて選択テキスト入力欄のすべてのテキストを選択する
選択解除選択を解除する
切り取り選択したテキストを切り取る
コピー選択したテキストをコピーする
貼り付けクリップボードからテキストを貼り付ける
削除直前の文字または選択したテキストを削除する
元に戻す直前のテキスト編集操作を元に戻す
やり直し直前のテキスト編集操作をやり直す
改行新しい行にカーソルを移動する
次の文字に移動一つ右の文字にカーソルを移動する
前の文字に移動一つ左の文字にカーソルを移動する
次の行に移動一つ下の行にカーソルを移動する
前の行に移動一つ上の行にカーソルを移動する
ヘルプChromebookのヘルプページを開く

あとがき

音声の認識精度もよく、音声でテキスト編集もできるので、キーボードを使えないような状況で役立つでしょう。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。