WordPress:OS機能でパフォーマンスをチューニング(CentOS7)

CentOS7には、システムパラメーターをチューニングする機能「tuned」が標準で搭載されています。tunedには、いくつかのプロファイルが用意されており、システムの利用目的に応じて適切なプロファイルを選択することで、システムを稼働した状態でシステムパラーメータを動的に変え、システムのパフォーマンスを向上させることができます。

ここでは、tunedを使ってWordPressサーバーが稼働するシステムのパフォーマンスをチューニングする手順を紹介します。

手順

現状の確認

tuned-adm listコマンドを実行し、適用可能なプロファイルのリストと現在適用されているプロファイルを確認します。

tuned-adm list

Available profiles:
- balanced
- desktop
- latency-performance
- network-latency
- network-throughput
- powersave
- throughput-performance
- virtual-guest
- virtual-host
Current active profile: virtual-guest

このコマンドを実行したマシンは、Hyper-V上の仮想マシンですので「virtual-guest」というプロファイルが適用されています。

プロファイルの選択

一般的なWordPressサーバの場合、ディスクおよびネットワークのパフォーマンスが重要ですので、物理マシンであればプロファイル「throughput-performance」を選択することでパフォーマンスアップが望めます。

tuned-adm profile throughput-performance
Memo1

選択可能なプロファイルは「/usr/lib/tuned」ディレクトリにあり、中身を確認するとカーネルパラメータが設定されていることがわかります。また、これらのプロファイルを元に自分のシステムに最適なカスタムプロファイルを作ることもできます。

Memo2

プロファイル「virtual-guest」には「throughput-performance」が含まれています。

まとめ

自分の環境でプロファイルを「virtual-guest」から「throughput-performance」に変更し、ab(apache bench)で計測したところでは、残念ながらパフォーマンスに変化はありませんでしたが、物理サーバーにおいてはtunedでパフォーマンスアップを期待できると思います。

コマンドで簡単に切り替えることができるので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

参考

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/6/html/power_management_guide/tuned

スポンサーリンク