Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

教育現場などでの採用で注目されているChromebook(クロームブック)に搭載されているChrome OSを、一般的なノートパソコンなどにインストールできるようにした「Chrome OS Flex」が、2022年の2月からベータ版として無償公開されています。

そこでここでは、Chrome OS Flexの概要と、Windows用の古いノートパソコンへChrome OS Flexをインストールし初期設定するまでの手順を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のバージョンなどでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Chrome OS Flex103.0.5045.0(Dev)

Chrome OS Flexとは

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

PC 版または Mac 版 Chrome OS Flex を入手 - Chrome Enterprise

Chrome OS Flexは、教育現場などでの採用で注目されているChromebook(クロームブック)に搭載されているChrome OSを、一般的なノートパソコンなどにインストールできるようにしたオペレーティングシステムで、Googleが2022年の2月からベータ版として無償公開しています。

一般的なノートパソコン(古いノートパソコン)をChromebook化する方法としては、米Neverware社の「CloudReady」が有名でしたが、GoogleがNeverwareを買収したことで、CloudReadyが新たにChrome OS Flexとして提供されることになりました。

なお、Chrome OS FlexとChrome OSでは利用可能な機能に違いがあり、おもな違いとしては、Chrome OS FlexではGoogle Playストアの利用やAndroidアプリを実行できません。

そのほかの細かな違いについては、以下の公式ページが参考になるでしょう。

Chrome OS Flex と Chrome OS の違い - Chrome OS Flex ヘルプ

ちなみに、企業などの組織でChromebookを集中管理するための機能として提供されている、Chrome Enterprise UpgradeとGoogle管理コンソールは、Chrome OS FlexでChromebook化した端末の管理も可能なようです。

インストール用USBメモリを作成する

ここからは、Windows用のノートパソコンにChrome OS Flexをインストールして、初期設定するまでの手順を紹介します。

まずは、作業用のパソコンでChrome OS Flexのインストール用USBメモリを作成します。(ここでは、作業用のパソコンとしてWindows10を使用しています。)

インストール用USBメモリは、Webブラウザ「Google Chrome(以下、Chromeブラウザ)」の拡張機能「Chromebookリカバリユーティリティ」を使って作成するので、まずは、Chromeブラウザを開き、以下のページから拡張機能「Chromebookリカバリユーティリティ」をインストールします。

Chromebook リカバリ ユーティリティ | Chromeウェブストア

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「Chromebookリカバリ ユーティリティ」をインストールしたら、アドレスバー右側の拡張機能アイコンから「Chromebookリカバリユーティリティ」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「Chromebookリカバリユーティリティ」画面が開くので、8GB以上のUSBメモリまたはSDカードをパソコンに接続してから「始める」をクリックします。

なお、使用するUSBメモリまたはSDカード内の既存のデータは全て消去されます。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「Chromebookの識別」画面が表示されるので「リストからモデルを選択」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

次画面で「メーカーを選択」から「Google Chrome OS Flex」を、「製品を選択」から「Chrome OS Flex(Developer-Unstable)」を選択し「続行」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「USBフラッシュドライブまたはSDカードの挿入」画面が表示されるので、インストールイメージを書き込むUSBメモリまたはSDカードを選択して「続行」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「リカバリイメージの作成」画面が表示されるので、書き込み先メディアを確認後「今すぐ作成」をクリックすると、書き込みが開始されます。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

なお、メディアの作成途中でユーザーアカウント制御(UAC)の警告ダイアログが表示されるので「OK」をクリックします。

作成が完了すると「リカバリメディアの作成が完了しました」と表示されるので「完了」をクリックして、USBメモリまたはSDカードを取り外します。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

Chrome OS Flexの起動

Chrome OS Flexは、インストール用USBメモリを使って、パソコンにインストールして利用する方法と、パソコン内の既存データはそのままにして、インストール用USBメモリ上でChrome OS Flexを実行することができます。

いずれの場合も、まずは作成したインストール用USBメモリからパソコンを起動します。(USBメモリからの起動方法は、使用するパソコンによって異なるのでマニュアルなどをご確認ください)

Chrome OS Flexが起動して、スクリーンリーダー(音声読み上げ)機能である「ChromeVox」を有効化するかの画面が表示された場合は「No, continue without ChromeVox」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「Welcome to Chrome OS Flex」画面が表示されるので「English (United States)」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「Choose your language & keyboard」画面が表示されるので、「Language」のプルダウンリストから「Japanese - 日本語」を、「キーボード」のプルダウンリストから「日本語」を選択し「OK」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「Chrome OS Flexへようこそ」画面が表示されるので「始める」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「Chrome OS Flexのご利用開始」画面が表示されるので、パソコンにインストールする場合は「Chrome OS Flexをインストール」を選択し、パソコンにはインストールせずに、インストール用USBメモリから起動して利用する場合は「試してみる」を選択して「次へ」をクリックします。

ここでは例として「試してみる」を選択します。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「ネットワークへの接続」画面が表示されるので、無線LANに接続するなら接続するSSIDを選択し、パスワードを入力します。(有線LANの場合は、ネットワークが接続されていることを確認します。)

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

ネットワークに接続すると利用規約が表示されるので、内容を確認後「同意して続行」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「このChromeデバイスはどなたが使用しますか?」画面が表示されるので「あなた」を選択して「次へ」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

Googleアカウントの入力画面が表示されるので、Googleアカウントとパスワードを入力し、同期やGoogleアシスタント、データ収集、スマートフォン連携など、アカウント関連の設定を行います。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「これで準備完了です。」画面が表示されたら「始める」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

以上の設定で、Chrome OS Flexが起動します。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

最初に設定しておきたい項目

Chrome OS Flexが無事起動したら、さっそく利用を開始できますが、最初に以下を設定しておくとより使いやすくなるでしょう。

  • ディスプレイ解像度の調整
  • ごみ箱機能を有効化
  • PINの設定

ディスプレイ解像度を変更する

ディスプレイ解像度を変更するときは、画面右下の通知領域をクリックし、表示されたウィンドウから「設定」アイコンをクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「設定」アプリが起動するので「デバイス」>「ディスプレイ」を開きます。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

ディスプレイの設定画面が表示されるので「内蔵ディスプレイ」欄の「表示サイズ」のスライダーで解像度を調整します。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

ごみ箱を有効化する

Chrome OS Flexでは、デフォルトではごみ箱機能が無いため、ファイルを削除すると復元することはできませんが、Windowsなどと同じようにファイルを削除したらごみ箱に移動するよう設定することができます。

ごみ箱機能を有効化するには、Chromeブラウザを起動してオムニボックス(アドレスバー)に「chrome://frags」と入力しエンターキーを押します。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

試験機能の設定画面が表示されるので、検索ボックスに「trash」と入力し、候補に表示される「Enable Files Trash」の設定を「Enabled」に変更して「Restart」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

以上で、ごみ箱機能が有効化され、ファイルアプリにごみ箱が表示されるようになり、ファイルなどを削除すると、自動的にごみ箱に移動されるようになります。

なお、ごみ箱内のデータは30日たつと自動的に消去されます。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

PINでロックを解除できるようにする

Chrome OS Flexでは、通常、画面のロックを解除するときは、Googleアカウントのパスワードを入力する必要がありますが、Googleアカウントのパスワードには、複雑なパスワードを設定して安全性を高めていることが多く、複雑なパスワードをロック解除のたびに入力するのは大変です。

そんな時は、PINを設定しておけば、すばやく画面のロックを解除することができ、ログイン時以外でGoogleアカウントのパスワードを入力せずに済み、セキュリティ的にも安心です。

PINを設定するときは「設定」アプリを開き「セキュリティとプライバシー」から「画面をロック」を開きます。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

パスワードの再入力画面が表示されるので、Chrome OS Flexのログインに使用しているGoogleアカウントのパスワードを入力し「確認」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

「画面をロック」の設定画面が表示されるので、画面ロックの種類で「PIN またはパスワード」を選択して「PINを設定」をクリックします。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

PINの入力画面が表示されるので、6桁以上の数字でPINを設定します。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

設定が完了すれば、ロック画面でパスワードだけでなく、PINを入力してロックを解除できるようになります。

Chrome OS Flexのインストール~初期設定までの手順を解説

ここまで設定できたら、あとはChromeウェブストアから、お好みのアプリをインストールすればOKです。

なお、Chrome OS FlexでLinux開発環境を利用したいときは、Chrome OS Flexをパソコンにインストールした上で有効化する必要があります。

ちなみに、Linux開発環境を有効化すれば、Linux対応のアプリをインストールして利用することもできます。

あとがき

まだ開発版ということで、利用するパソコンによっては動作が安定しないこともあるようですが、わたしがChrome OS FlexをインストールしたWindows7向けのノートパソコン(Acer Aspire One)は、順調に稼働しております。

Chrome OS Flexが気になっているという方は、是非お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。