CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

CentOS6/7でサーバー環境を構築するとき、余計なパッケージがインストールされないようOSは最小限(Minimal)でインストールすることがあります。

ですが、OSを最小限でインストールするとGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)環境がインストールされないため、Linuxに慣れていない場合、少々不便を感じることがあります。

そこで、ここでは最小限(Minimal)でCentOS6/7をインストールした後に、GUI環境を追加でインストールする方法を紹介します。

GUI環境のインストール

CentOS6の場合

コンソールにログインして、以下のパッケージを順にインストールします。

# yum groupinstall "Desktop"
# yum groupinstall "X Window System"
# yum groupinstall "General Purpose Desktop"
# yum groupinstall "Japanese Support"

CentOS7の場合

コンソールにログインして、以下のパッケージをインストールします。

ここでは「GNOME デスクトップ」をインストールします。

# yum groupinstall "GNOME Desktop"

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

なお、GUI環境を利用するのに必要なパッケージ数は多く、データ容量も大きいため、インストールには1時間ぐらいかかります。

デスクトップ環境の起動

パッケージのインストールが完了したら、以下のコマンドでGUI環境を起動します。

# startx

GUI環境が起動すると、初期設定画面が表示されるので順に設定を行います。

ここでは例として、CentOS7の初期設定画面を紹介します。

CentOS7の初期設定画面では、以下のような「ようこそ」画面が表示されるので「日本語」を選択して右上の「次へ」をクリックします。

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

次の「入力」画面では「日本語(かな漢字)」を選択して「次へ」をクリックします。なお、選択を間違えても後から変更可能です。

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

次の「位置情報サービス」は「オフ」にして「次へ」をクリックします。

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

次の画面では、Googleアカウントなどを登録できるようですが、今回はサーバー用途を想定しているため、ここは「スキップ」をクリックします。

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

以上で初期設定が完了したので「CentOS Linux を使い始める」ボタンをクリックします。

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

「GNOME Help」が表示されますが、再起動するまではデスクトップのメニューなどはすべて英語表示なので、ここでは右上の「×」ボタンでウィンドウを閉じて、再起動後に確認することとします。

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

デフォルトターゲット(ランレベル)の変更

最小限(Minimal)でインストールしたCentOS6/7は、CUI(キャラクター・ユーザー・インターフェース)で起動する設定になっているため、これをGUIで起動するように変更します。

CentOS6の場合

デスクトップ画面左上の「Application」メニューなどから「Terminal」を起動して「/etc/inittab」ファイルを開き、ランレベルを3から5に変更します。

# vi /etc/inittab
・・・
id:3:initdefault: ←この行を「id:5:initdefault:」に変更します。

CentOS7の場合

デスクトップ画面左上の「Application」メニューなどから「Terminal」を起動して、次のコマンドを実行して、デフォルトターゲットを「graphical.target」に変更します。

# systemctl set-default graphical.target

「Terminal」では次のように表示されます。

CentOS6/7にあとからGUI(デスクトップ)環境をインストールする方法

これで、次回からGUIで起動するようになります。

最終確認

設定が済んだら、マシンを再起動してGUIで起動されるか、正常にログインできるか、画面表示が日本語になっているか、日本語化入力できるかなどを確認しておきましょう。

あとがき

普段Windows環境を扱っていると、CUIベースのLinux環境を扱いにくいと感じることもあるでしょう。そのような時は、GUI環境も用意しておけば安心でしょう。

ただし、GUI環境はCUIに比べて多くのメモリを必要とすることもお忘れなく。たとえば、CentOS7でGNOMEデスクトップを利用する場合、メモリは最低でも2GB、快適な動作のためには4GB以上が必要になります。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ