CentOS7で利用できるインストールメディアの種類と用途を理解する。

CentOS7のインストールメディアは、CentOSの本家サイトCentOS Projectや、国内のミラーサイトでISOイメージファイルとして提供されていますが、入手できるISOイメージには、以下に挙げるように複数の種類が存在します。

そこで、ここでは、インストールメディアそれぞれの用途などについて紹介します。

  • CentOS-7-x86_64-DVD-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-Everything-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-LiveGNOME-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-LiveKDE-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-Minimal-1810.iso
  • CentOS-7-x86_64-NetInstall-1810.iso

なお、本家ダウンロードサイトは、以下となります。

CentOS Project | Download CentOS

国内の利用可能なミラーサイトは、以下のWebページで確認できます。

CentOS Project | Mirror List

CentOS-7-x86_64-DVD

一般的なサーバー用途の場合は「DVD」と名付けられたイメージファイルをダウンロードします。データサイズは4.3GBほどで、DVD-Rに収まる容量となっており、標準的なCentOS7環境に必要なパッケージがすべて含まれています。

通常は、このインストールイメージの利用が推奨されています。

CentOS-7-x86_64-Everything

「Everything」と名付けられたインストールイメージでは、標準的なCentOS7環境に必要なパッケージに加えて、追加の機能を利用するのに必要がパッケージが含まれています。

その分データサイズは大きく、約10GBほどの容量となるため、通常はUSBメモリなどに書き込んで利用することになります。

ローカルネットワーク上にyumリポジトリサーバーを構築する場合などで利用すると便利です。

CentOS-7-x86_64-Live

「Live」と名付けられたインストールイメージは、OSをローカルストレージにインストールすることなく、DVDやUSBメモリから直接OSを起動して利用します。

データサイズは、GNOME版で約1.4GB、KDE版で約1.8GBあります。

このメディアからCentOS7を起動した場合、ローカルストレージの内容は変更されないため、ローカルストレージにデータを書き込みたくない場合や、ディスクレスのマシンなどで有用です。

GNOMEデスクトップ

KDEデスクトップ

CentOS-7-x86_64-Minimal

「Minimal」と名付けられたインストールイメージは、必要最低限のパッケージのみをインストールするメディアです。データサイズは約918MBとなります。

「CentOS-7-x86_64-DVD-XXXX.iso」では、利用しない可能性のあるパッケージもインストールされるため、余計な機能を一切インストールせずに、必要な機能だけをインストールしたい場合に有用なメディアです。

CentOS-7-x86_64-NetInstall

 「NetInstall」と名付けれたインストールメディアは、ネットワーク経由でOSをインストールするためのメディアで、データサイズ容量は約507MBと軽量です。

このメディアを利用してOSをインストールするときは、インストールソースやインストールするソフトウェアを指定する必要があります。ローカルネットワーク上に、yumリポジトリサーバーが稼働している場合などで利用すれば便利です。

インストールソースの選択画面

インストールするソフトウェアの選択画面

また、ローカルのストレージからOSを起動できなくなった時の、レスキューメディアとしても活用できます。

あとがき

CentOS7を利用すマシンの用途は、デスクトップ用途からサーバー用途まで、さまざまなシーンが想定されるため、用途に応じて適切なインストールメディアを利用しましょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る