CentOS7でパッケージアップデート後にrpmnew、rpmsaveファイルができたときは

CentOS7でパッケージアップデート後にrpmnew、rpmsaveファイルができたときは

CentOS7でパッケージをアップデートしたときに「.rpmnew」ファイルや「.rpmsave」ファイルが作成されることがあります。

パッケージをアップデートした時に設定ファイルなどが更新され、これらのファイルができたときは、既存の設定ファイルと新しい設定ファイルの差異を確認し、適切に統合する必要があります。そうしないと、せっかくアップデートしても意図した動作にならない可能性があります。

ここでは、これらのファイルがなぜできるのかと、できた場合の統合方法を簡単に紹介します。

「.rpmnew」ファイルとは

ファイル名に「.rpmnew」が付与された場合は、アップデートで既存のファイルを上書きしないよう、新しいファイルが「.rpmnew」として作成されたものです。

「.rpmsave」ファイルとは

ファイル名に「.rpmsave」が付与された場合は、アップデートで新しいファイルが既存のファイルを置き換えられたときに、既存のファイルを「.rpmsave」としてコピーされたものです。

設定ファイルの統合手順

パッケージをアップデートしたときは、以下の手順のように「.rpmnew」もしくは「.rpmsave」ファイルが作成されていないか確認し、作成されていた場合は設定ファイルを統合します。

まず、パッケージアップデート後に、rpmnewもしくはrpmsaveファイルが作成されていないか確認します。

# find / -print | egrep "rpmnew$|rpmsave$"

rpmnewもしくはrpmsaveファイルが作成されている場合は、既存のファイルとの差分を確認して、アップデートにより変更のあった箇所を修正もしくは追加・削除します。

たとえば「httpd.conf」ファイルに更新があった場合は、以下のようにコマンドを実行して差分を確認します。

# diff httpd.conf httpd.conf.rpmnew

あとがき

これらのファイルは、いつの間にかできていることがよくあります。パッケージアップデート時は気にするようにしないとだめですね。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る