CentOS7で追加したNICにネットワーク設定すると「不明な接続」とエラーが出るときの対処方法

CentOS7で追加したNICにネットワーク設定すると「不明な接続」とエラーが出るときの対処方法

CentOS7でネットワークインターフェースカード(NIC)を追加して、IPアドレスなどを設定しようとしたときに、次のようなエラーが発生して、正常にのネットワーク設定ができないときがあります。

エラー: 不明な接続 '[接続名]' です。

これは、追加したNICのデバイス名と接続名が異なっているために起こる場合が多く、接続名を適切に修正することで、ネットワーク設定ができるようになります。

そこでここでは、CentOS7でNICを追加したときに接続名を確認/修正する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のディストリビューションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
CentOS Linux7.9.2009

NICの接続名を修正する

NICの接続名を修正するには、まず「nmcli device」コマンドを実行し、接続名を確認します。

# nmcli device

DEVICE TYPE      STATE     CONNECTION
eth0   ethernet  接続済み  eth0
eth1   ethernet  接続済み 有線接続 1
tun0   tun       接続済み  tun0
lo     loopback  管理無し  --

一番右の列「CONNECTION」が接続名で、上のように追加したNIC「eth1」の接続名が「有線接続 1」や「Wired connection 1 」といった名前になっていることがあります。

このような場合は、以下のコマンドでデバイス名と同じ名前などに修正することができます。

# nmcli connection modify "有線接続 1" connection.id eth1

修正後、再度「nmcli device」コマンドを実行すれば、接続名が修正されていることを確認できます。

# nmcli device
DEVICE TYPE      STATE     CONNECTION
eth0   ethernet  接続済み  eth0
eth1   ethernet  接続済み  eth1
tun0   tun       接続済み  tun0
lo     loopback  管理無し  --

これで、ネットワーク設定も問題なく行えるようになるでしょう。

あとがき

この仕様は、CentOS7特有のもののようですが、同じエラーで困っている方の参考になれば幸いです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ