WindowsでNICに固定IPアドレスを設定できなくなったときの対処方法

WindowsでNICに固定IPアドレスを設定できなくなったときの対処方法

Windows環境で、マザーボードやネットワークアダプターを交換した際に、古いネットワークアダプターに設定していたのと同じIPアドレスを新しいネットワークアダプターに設定しようとすると、以下のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

このネットワーク アダプター用に入力した IP アドレス xxx.xxx.xxx.xxx は既にこのコンピューターの別のアダプター 'xxxxx'に割り当てられています。

この接続の名前を変更することはできません。指定した名前の接続が既に存在します。別の名前を指定してください。

このエラーの原因は、すでにそのマシンに接続されていない古いネットワークアダプターの設定情報が残存しているためです。

そこでここでは、Windows環境でマシンに接続されていない古いネットワークアダプターに設定されていたIPアドレスなどの情報を削除する方法を紹介します。

古いネットワークアダプターに設定された情報を削除する

Windows10で、古いネットワークアダプターに設定された情報を削除するには、以下の手順で接続されていないデバイスを「デバイスマネージャー」に表示させて削除します。(Windows8.1以前でもおおむね同じ手順となります。)

まず、管理者権限でコマンド プロンプトを開きます。

WindowsでNICに固定IPアドレスを設定できなくなったときの対処方法

次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

C:\> set devmgr_show_nonpresent_devices=1

続いて、以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

C:\> sart devmgmt.msc

すると「デバイスマネージャー」が起動するので、メニューから[表示] をクリックして、[非表示デバイスの表示] をクリックします。

WindowsでNICに固定IPアドレスを設定できなくなったときの対処方法

「ネットワーク アダプター」を展開して、取り外したネットワークアダプターのアイコン(グレー表示になっています)を右クリックして、メニューから「デバイスのアンインストール」をクリックします。

なお、デバイス名は取り外したネットワークアダプターにより異なります。

WindowsでNICに固定IPアドレスを設定できなくなったときの対処方法

以下の確認画面が表示されるので「アンインストール」をクリックします。

WindowsでNICに固定IPアドレスを設定できなくなったときの対処方法

デバイスマネージャー画面で、アンインストールしたデバイスが消えていることを確認します。

WindowsでNICに固定IPアドレスを設定できなくなったときの対処方法

以上で完了です。

あとがき

NIC交換時は、あらかじめ取り外すネットワークアダプターのIPアドレス設定をDHCPに戻しておくのが良いでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。