Windows11でタスクバーの大きさ(サイズ)を変更する方法

Windows11でタスクバーの大きさ(サイズ)を変更する方法

Windows11を利用していて、タスクバーのサイズが小さすぎる(または、大きすぎる)と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Windows11では、Windows10のようにマウス操作などで簡単にタスクバーのサイズを変更することはできませんが、レジストリ設定で変更することができます。

そこでここでは、Windows11でタスクバーの大きさをレジストリ設定で変更する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows11 Pro21H2

タスクバーの大きさを変更する

Windows11でタスクバーの大きさを変更するときは、レジストリで設定します。

手順は、次のとおりです。

スタートボタンを右クリックして、メニューから「Windowsターミナル」を選択します。

Windows11でタスクバーの大きさ(サイズ)を変更する方法

Windowsターミナルが起動したら、PowerShellウィンドウで以下のコマンドを実行します。

PS C:\> REG ADD "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /f /v TaskbarSi /t REG_DWORD /d 0

コマンド末尾の「/d 0」の部分でタスクバーのサイズを指定しており、指定可能なサイズは以下の3種類です。

  • /d 0 - 小さいサイズ
  • /d 1 - デフォルトのサイズ
  • /d 2 - 大きいサイズ

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば設定完了で、Windows11を再起動すれば設定が適用されます。

Windows11でタスクバーの大きさ(サイズ)を変更する方法

以下は、それぞれのサイズを指定したときの外観です。

Windows11でタスクバーの大きさ(サイズ)を変更する方法

小さいサイズを指定したとき

Windows11でタスクバーの大きさ(サイズ)を変更する方法

デフォルトのサイズ

Windows11でタスクバーの大きさ(サイズ)を変更する方法

大きいサイズを指定したとき

画面解像度が低いなら小さいサイズを、解像度が高いなら大きいサイズを指定するとアイコンは見やすくなりますが、通知領域のアイコンや日時などの大きさは変わらないようです。

また、小さいサイズを指定すると通知領域のアイコンや日時が見切れてしまうことがあるようです。

あとがき

一般的な利用環境では、デフォルトのサイズから変更する必要性はほとんどないと思いますが、デフォルトのサイズでは小さすぎる(または大きすぎる)と感じているなら、試してみてはいかがでしょうか。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。