Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

Webブラウザとして人気のあるChromeブラウザには、通常の動作モードのほかに「シークレットモード」と「ゲストモード」と呼ばれる特殊な動作モードが用意されています。

どちらも、プライバシーを重視した動作モードですが、ここでは「ゲストモード」について、利用例と利用方法を紹介したいと思います。

Chromeブラウザで履歴を残さずにWebを閲覧したいときは「シークレットモード」
Google Chrome(以下、Chromeブラウザ)には、通常の利用モードとは別に「シークレットモード」と呼ばれる機能があります。 ...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1903
Google Chrome78.0.3904.97

ゲストモードの利用例

Chromeブラウザの「ゲストモード」では、通常モードで利用できるブックマークや予測候補、拡張機能、保存しているパスワードは利用できません。

また、ゲストモード中に開いたWebページの閲覧履歴やCookieなどのデータも、ゲストモードを終了すると消去されます。

このような特徴から、次のような場面での利用がおススメです。

  • 他の人が自分のPCでChromeブラウザを利用するときや、自分が他の人のPCでChromeブラウザを利用するとき
  • 不特定多数の人が利用する共用PCでChromeブラウザを利用するとき

一時的にゲストモードを利用する

一時的にゲストモードを利用するときに手順は、次のとおりです。

いつもどおりにChromeブラウザを起動し、右上のアカウントアイコンをクリックし、表示されるメニューから「ゲストウィンドウを開く」をクリックします。

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

すると、ゲストモード用のウィンドウが新たに開きます。

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

常にゲストモードで起動する

不特定多数の人が利用する共用PCでChromeブラウザを利用するときは、Chromeブラウザをゲストモードで素早く起動するように設定しておくと便利です。

手順は、次のとおりです。

chromeブラウザのショートカットアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

プロパティ画面が開いたら「リンク先」のテキストボックスに表示されている文字列の最後尾に、以下の文字列を追記し「OK」をクリックします。

--profile-directory="Guest Profile"

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

あとは、このショートカットアイコンからChromeを起動すると、常にプロファイルマネージャー画面が表示されるるので、右下から「ゲストとしてブラウジング」をクリックします。

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

これで、ゲストモード用のウィンドウが開きます。

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」

あとがき

シークレットモードとゲストモードを使い分けるときは、シークレットモードは自分が利用するモードで、ゲストモードは自分以外が利用するときのモード、とざっくり覚えておけば良いでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る