Google Chrome:「ゲストモード」で利用可能な機能を制限する

自分のパソコンの「Google Chrome」を自分以外の人が利用するときに、そのままの状態で使われた場合、自分のアカウントの履歴やブックマークにアクセスされる可能性があります。

アクセスされても全然問題ないという方もいれば、できればアクセスされたくないという方も多いのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが、普段使っているアカウントの履歴やブックマークを一時的に使えなくする「ゲストモード」です。

ここでは「ゲストモード」の利用方法と、使用感について紹介します。

「ゲストモード」の利用方法

いつもどおりに「Google Chrome」を起動し、右上のアカウントアイコンをクリックし、表示されるメニューから「ゲストウィンドウを開く」をクリックします。

すると、次のようなゲストウィンドウが新たに開き「ゲストモード」が有効になります。

ゲストウィンドウ内では、普段使用しているアカウントの履歴やブックマークにはアクセスできなくなるとともに、ゲストウィンドウ内で開いたWebページの履歴やダウンロードの履歴は記録されず、Cookieなどのデータもゲストウィンドウを閉じると消去されます。

まとめ

家族やほかのユーザーが自分のパソコンを使うとき、また自分がほかのユーザーのパソコンを使うときなどに使用するのが良さげです。

また、自分のアカウントは使用するが、履歴などを残さずにWebサイトを閲覧したい場合は「シークレットモード」の利用が便利です。

スポンサーリンク