Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

Android版Chromeブラウザは、更新を重ねるごとに使いやすくはなっていますが、それでも普段デスクトップ版を使うことが多いと、Android版では使いづらさを感じることがあります。

ですが、ジェスチャー操作をはじめとして、スマートフォン向けならではの機能も搭載されており、それらを使いこなせば今まで以上に効率よくChromeブラウザを操作できます。

そこで、Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニックを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Google Nexus 5X(Android)8.1.0
Google Chrome89.0.4389.90

ジェスチャーで操作する

スマホ向けChromeブラウザでは、基本操作のいくつかをジェスチャーで操作することができ、ジェスチャーをマスターしておけば操作効率がかなり高くなります。

ページを更新する(再読み込み)

ページを下にスワイプすることで、ページを更新することができます。

タブを切り替える

画面上部のオムニボックス部分を左または右にスワイプすることで、開いているタブを切り替えることができます。

ページを戻る/進む

ページの画面左端から右に少しスワイプし「戻る」ボタンが表示されてから指をはなすことで前のページに戻ることができ、逆に画面右端から左に少しスワイプし「進む」ボタンが表示されてから指をはなすことで次のページに進むことができます。

ページを拡大/縮小する

ページ上でズームしたい部分を指1本でダブルタップ長押し(2回目のタップで指を画面に付けたままにします)し、そのまま上または下にスライドすることで拡大/縮小できます。

なお、ページによっては拡大/縮小ができない場合があります。

Android版Chromeブラウザで閲覧しているWebページを強制的に拡大する方法
スマートフォンなどでWebページを閲覧していると、文字などが小さくて見づらいと思うことがありませんか? そんなときは、Webページを拡...

タブを閉じる

タブ一覧画面で、タブを左もしくは右へスワイプすることでタブを閉じることができます。

履歴を残さず閲覧する

デスクトップ版のChromeと同じく、履歴やCookieなどを残さない「シークレットモード」を搭載しています。閲覧履歴を残したくない場合などに便利です。

シークレットタブは、右上の設定ボタンから「新しいシークレットタブ」をタップして開きます。

Chromeブラウザで履歴を残さずにWebを閲覧したいときは「シークレットモード」
Google Chrome(以下、Chromeブラウザ)には、通常の利用モードとは別に「シークレットモード」と呼ばれる機能があります。 ...

通信量を節約する

「ライトモード」は、機能をオンにするとWebページのデータの一部がGoogleサーバーを経由してダウンロードされるようになります。

Googleサーバーではページの軽量化などが行われるため、ライトモードを使用することで、データ通信量を節約したり、Webページの読み込み時間を短縮することができます。

ライトモードは、アプリ右上の「︙」ボタンから「設定」>「ライトモード」で機能を有効化できます。

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

Memo

ライトモードを利用すると、通信の大部分がGoogleのサーバーを経由するようになるため、Webサイトによってはアクセスできなくなったり、正常に表示されない場合もあるようです。

また、シークレットモードで表示しているページでは機能しません。

WebページをPDFで保存する

Webページを保存しておきたいときに便利なのが「PDF形式で保存」機能です。保存方法は、Webページを表示している状態で、右上のメニューボタンをタップして「共有」>「印刷」を選択します。

すると、次のような画面が表示されるので、プリンターから「PDF形式で保存」を選び、用紙サイズやページの向きなどを設定し「保存」をタップします。

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

タグを素早く開閉する

オムニボックス右にあるタブボタンをロングタップ(長押し)すると、次のようなクイックアクセス・メニューが表示され、タブを閉じたりシークレットモードへの移行がやりやすくなります。

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

HTMLソースを表示する

Android版Chromeブラウザでは、WebページのHTMLソースを表示することができます。

表示する方法は、WebページのURLの先頭に「view-source:」を付加します。

たとえば「https://4thsight.xyz」のHTMLソースを表示したいときは「view-source:https://4thsight.xyz」と入力してから接続することで、ページのHTMLソースが表示されます。

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック
通常表示の画面
Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック
HTMLソースの表示画面

PC版のChromeブラウザでも「開発者ツール」からスマホでの表示を確認できますが、実機でソースを確認したいときに便利です。

よく閲覧するページをホーム画面に追加する

Chromeブラウザでよく閲覧するページは、ブックマークなどしておけば、アドレスを毎回入力することなくページを開くことができますが、ページを開くまでに数ステップは必要になり、少し面倒ではないでしょうか。

そのようなときは、よく閲覧するページをホーム画面にアイコンとして追加しておけば、たったの1ステップで開くことができます。

手順はいたってカンタンで、ホーム画面に追加したいページを開いた状態で、右上の「︙」をタップして、メニューから「ホーム画面に追加」をタップします。

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック
Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

「ホーム画面に追加」画面が表示されるので、任意の名前を入力して「追加」をタップし、次画面で「OK」をタップします。

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック
Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

すると、端末のホーム画面にページのChromeのバッジが付いたアイコンが追加され、タップすることでそのページをChromeブラウザで直接開くことができます。

Android版Chromeブラウザを効率よく操作するためのおすすめテクニック

よく利用するページはホーム画面にアイコンとして追加しておくことをおススメします。

あとがき

ジェスチャーなどの操作テクニックは、スマホならではの機能で知っているのと知らないのとでは操作効率に大きな差が出ます。

是非覚えておきましょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ