Google Chrome:動画コンテンツだけを別窓で表示できるPIP機能

「Android 8 Oreo」から、一部のアプリで利用可能になっていた「ピクチャーインピクチャー(PIP)機能」が、Windows、macOS、Linux、ChromeOSそれぞれに提供されているWebブラウザ「Google Chrome」でも、バージョン70(2018年10月16日)から使えるようになりました。

これにより、動画を画面隅で楽しみながら他の作業をしたりといった「ながら作業」が、より快適にできるようになりました。

ここでは「Google Chrome」でピクチャーインピクチャー(PIP)機能を使用する方法や、使い勝手などについて紹介します。

ピクチャーインピクチャー(PIP)とは

 ピクチャーインピクチャー(PIP)は、ひとつの画面の中に小さな別の画面を設け、それによって両方の画面を同時に表示させておけるようにする機能のことです。テレビ番組などで用いられる「ワイプ」という表示形式に似ています。

デスクトップ向けWebブラウザーでは「Opera 37」に導入された“ビデオポップアウト”がその先駆けだったようで、現在では「Opera」以外でも、同様の機能が「Google Chrome」や「Safari」で利用でき「Microsoft Edge」でも今後サポートされる予定のようです。

PIPの利用方法

ここでは、例として「Youtube」の動画コンテンツをピクチャーインピクチャーで再生してみます。

ピクチャーインピクチャーで再生するには、Webページ内の動画コンテンツを2回右クリックし、表示されるメニューから「ピクチャー イン ピクチャー」をクリックし有効化します。

有効化すると、デスクトップ右下に以下のような動画コンテンツのみが表示されたサブウィンドウが現れます。サブウィンドウは、大きさや表示位置を自由に変えることができ、常に最前面で表示されます。

なお、現在のところ、サブウィンドウで操作できることは、再生・停止・ウィンドウを閉じるといった基本的な操作だけのようで、早送りなどのシーク操作や字幕表示などはできないようです。

ピクチャーインピクチャーでの再生を終了するときは、サブウィンドウを「X」ボタンで閉じるか、Webページ内のビデオコンテンツを2回右クリックし、メニューから「ピクチャー イン ピクチャー」をクリックして解除します。

まとめ

広いデスクトップ領域を利用している場合は、この機能の有効性をそれほど感じませんが、ノートパソコンなど、ある程度デスクトップの広さが限られるマシンには、うってつけの機能ではないでしょうか。

スポンサーリンク