Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

Windows 10や11では、オプション機能としてハードウェア仮想化機能「Hyper-V」が搭載されており、機能を有効化することで仮想環境を利用できるようになります。

ですが、Hyper-Vが利用できるのは、Pro/Education/Enterpriseエディションに限られており、Homeエディションで仮想環境を利用するには、「VMware Workstation」や「VirtualBox」といったサードパーティーの仮想化ソフトウェアが必要だという認識の方がほとんどでしょう。

ところが、Windows 10や11のHomeエディションでも、ここで紹介する方法でHyper-Vが使えるようになります。難しい手順ではないでので、HomeエディションでHyper-Vを利用したいと思っていた方は、お試しください。

なお、言わずもがなですが、Hyper-Vを利用するためのハードウェアの前提条件(仮想化支援機能の有効化)は、満たしておく必要があります。

HomeエディションでHyper-Vを有効化

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを有効化する手順は、次のとおりです。

まず、スタートメニューのプログラム一覧などから「メモ帳」を起動して、以下の内容をコピーして貼り付けます。

pushd "%~dp0"

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\*Hyper-V*.mum >hyper-v.txt

for /f %%i in ('findstr /i . hyper-v.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i"
del hyper-v.txt

Dism /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Hyper-V-All /LimitAccess /ALL

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

内容を貼り付けたら、ファイル名の拡張子を「.bat」として、任意の場所に保存します。

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

つぎに、作成した.batファイルを右クリックし、メニューから「管理者として実行」を選択します。

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

すると、コマンドプロンプト画面が表示され、Hyper-V機能の追加処理が開始されるので、そのままの状態で待ちます。(処理は10分ほど掛かります)

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

Hyper-V機能の追加が完了し有効化されると、コマンドプロンプト画面に「今すぐコンピュータを再起動しますか?」とメッセージが表示されるので「Y」キーを押してWindowsを再起動します。

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

以上で、Homeエディションでも「Hyper-V」が利用できるようになりました。

なお、Hyper-Vの管理ツール「Hyper-Vマネージャー」は、スタートメニューのプログラム一覧などから起動できます。

Windows 10や11のHomeエディションでHyper-Vを使う方法

あとがき

Windows 10や11のHomeエディションで、サードパーティーの仮想化ソフトウェアをインストールせずに、仮想環境を利用したいときにお試しください。